レッドブルF1首脳 「ハミルトンの沈黙がマイケル・マシ解任に繋がった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、昨シーズンのF1アブダビGP後のルイス・ハミルトンの沈黙が、F1レースディレクターのマイケル・マシの解任に直接影響を与えたと主張する。

ルイス・ハミルトンは、ソーシャルメディアや公の場から姿を消し、冬休みを家族と過ごした。ハミルトンは、アブダビGP以来、F1については「最も話したくなかったこと」であることを認めている。

一方、F1の世界は、7度のF1ワールドチャンピオンである・ルイス・ハミルトンが、マイケル・マシによる多くの物議を醸す決定によってマックス・フェルスタッペンに8番目のタイトルを奪われたことで、F1を引退する可能性があるとの推測が広がった。

最終的にマイケル・マシは、F1レースディレクターを解任され、FIA(国際自動車連盟)内の新しいポジションを与えられた。今後はWECレースディレクターのエドゥアルド・フレイタスと元DTMレースディレクターのニールス・ウィティヒの2人が交代制でF1レースディレクターを務める。

さらに、ハービー・ブラッシュ(チャーリー・ホワイティング時代の元副レースディレクター)が、彼らを支援するための新しい常任上級顧問として任命され、サッカーのVARに沿ったビデオ再生を使用して、トラックのチームにヘルプとアドバイスを提供する新しいバーチャルサポートが設置される。

先月、FIAの新会長モハメド・ビン・スライエムは、F1アブダビGPの出来事を詳細に分析した後、この決定は、レフェリーとレースの方向性をスポーツの最高レベルで改革することを目的としていると説明した。

しかし、ヘルムート・マルコは、マイケル・マシの解任に繋がったのはルイス・ハミルトンの沈黙の行動であったと信じており、ハミルトンは「状況に不満を示したかった」と主張する。

「ドライバー市場に動きがなかったため、ハミルトンがやめることはないという明確な兆候があった」とヘルムート・マルコはRTLに語った。

「ハミルトンがメルセデスに第一線を退くことを知らせていたら、彼らは一斉に代役を探し始めただろう。しかし、そうではなかった。目立った動きはなかった」

「彼の沈黙によって、彼は状況と決定に対する不満を示したかっただけだ。その行動の一部は、その後、マシが彼の役割から外されることに繋がった」

「私はそれが正しいとは思わない。何年にもわたる彼のパフォーマンスを見なければならない。今、ビデオレフェリーとアドバイザリーが彼の側にいて、彼らが自由に使えるすべてのものをマシが持っていれば、彼が決定するのは簡単だっただろう」

「マイケルは今、そのために犠牲にされた」

ルイス・ハミルトンは、F1バルセロナテスト中にF1から離れていた時間に何をしていたかを明らかにした。

「立ち去ってすぐに完全にスイッチを切った。そこからは一般的に誰とも話をしなかった。休憩中はずっと電話をもたなかった。家族と一緒にいた」

「存在し、その瞬間に生き、思い出を作ることが重要だった。人生の中で、仕事のようなことに集中して行き詰まると、そういったことを忘れてしまうことがあることを僕たちは知っている」

「当然のことながら、シーズンの終わりには、たぶん僕の年齢に近い人たちには、もちろん、将来について考えていると思う。次のステップはどうするか、そして、進むべき正しいステップは何かについて考える。 全体的な幸福の観点から自分にとって正しいことは何であるかをね」

「だから、僕はいつもすべての選択肢を評価している。でも、シーズンの早い段階でチームにコミットしていつぃ、最終的には自分の仕事が大好きだ。チームの一員でいることが大好きだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルイス・ハミルトン