レッドブルF1、RB18で“オーバーウエイト”問題に直面
レッドブル・レーシングのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、同チームの2022年F1マシン『RB18』がオーバーウエイトの問題に悩まされているマシンの1台であることを認めた。

先週、カタルーニャ・サーキットでまったく新しいF1マシンでのプレシーズンテストが行われ、ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルを1-2でリードし、レッドブル・レーシングのセルジオ・ペレスが3位に続いた。

レッドブル・レーシングはタイムシートの上位に名を連ねたが、チームのモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、RB18がオーバーウエイトという大きな問題に苦しんでいると語る。

今年、F1は最低重量を43kg引き上げ、795kgに増加した。だが、F1チームはそのしきい値に到達するのに苦労していると言われている。

Auto Motor und Sportは、あるF1チームのボスが一部の車は「最低重量より2桁多い」と述べていると伝えている。

最低重量であるため、それを上回っていれば問題はないが、通常、F1チームは素の状態では最低重量を下回っていて、バラストなどで最低重量をクリアできるように調整している。例えば、カタルーニャ・サーキットは10kgは0.3秒相当だと試算されており、

その増加のかなりの部分は、ピレリの18インチのホイールとタイヤが大きいが、ホイールが大きいほどブレーキも大きくなる。また、安全性を向上させるためにシャシーの構造も変更されており、重量が増加している。

昨年のドライバーズチャンピオンシップの優勝者であるレッドブル・レーシングは、RB18から重量を削減するのに苦労しているとヘルムート・マルコは明かす。

「私たちが抱えている唯一の問題は重量だが、すべてのチームがその問題を抱えている」とヘルムート・マルコはMotorsport-Magazin.comに語った。

「ありがたいことに最小体重はすでに引き上げられているが、最初のレースの前にやるべきことはまだたくさんある」

ヘルムート・マルコは、F1チーム代表の会議で彼らが最低重量の増加に同意することを望んでいる。

「他に増加がないかどうか見てみよう」とヘルムート・マルコは付け加えた。

ただし、このギリギリの段階でルールに増加が書き込まれるためには、10チームのうち8チームが同意する可能性は低い。車を最低重量まで下げることに成功したのが2チームだけであるかどうかは疑わしい。

しかし、ヘルムート・マルコは、実際にそれを達成したのは1チームだけだと考えているようだ。

「1つを除くすべてのチームが重量の問題に苦しんでいる」とヘルムート・マルコは語った。

Auto Motor und Sportは、1つのチームはアルファロメオであり、マクラーレンも「それほど遠くはない」と主張している。

「アルファロメオだけが問題を抱えていないはずだ」とAuto Motor und Sportは伝えた。

「マクラーレン MCL36は、ほんの少し贅肉をつけすぎただけだと言われている」

ヘルムート・マルコは、先週のカタルーニャ・サーキットにおける勢力図の評価。フェラーリは「一度だけ」見栄えが良かったが、「彼らはどれだけ多くの燃料を搭載していたのか」に疑問を呈し、マクラーレンに関しては、彼らのラップタイムは「スポンサーを追いかけている」という理由だけだったと述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル