レッドブルF1技術者 「RB16Bの競争力はホンダF1を抜きにしては語れない」
レッドブルF1のチーフエンジニアを務めるポール・モナハンは、2020/21年の冬の変化の“痛み”を管理し、タイトルを獲得したRB16Bを生み出したチームのさまざまな部門を称賛した。

今年導入される大幅なF1レギュレーション変更は当初2021年に計画されていたが、新型コロナウイルスのパンデミックにより、導入が1年延期された。つまり、シャシーは2020年から引き継がれた。

シャシーが凍結されたにも関わらず、ダウンフォースの削減を狙ったフロアとバージボードに焦点を当てた空力規制の変更があった。F1チームはトークンを使用して2020年のシャシーの特定のエリアを開発することを許可された。

レッドブルF1は、フロア、リアブレーキダクト、ディフューザーに必要な調整を加え、アップグレードされたホンダのF1パワーユニットとタイヤサプライヤーのピレリからの新しいコンパウンドを考慮に入れて、新しいギアボックスケースにトークンを費やした。

ポール・モナハンは、2020年に失われたダウンフォースを回復する上で不可欠なすべての変更を考慮して、レッドブル・ホンダF1としてのオペレーション全体を非常に誇りに思っていると語った。

「我々に『最も誇りに思うことは何か?』と尋ねるなら、競争力のあるマシンを生産するために行った努力で見てほしいと言うだろう」とポール・モナハンはRacecar Engineeringに語った。

「そこから出てきたマシンは多くのレースに勝ち、すぐに速く、すぐに信頼性があった」

「ホンダF1を抜きにしては語れないと思う。彼らは我々にわずかに修正されたエンジンを与えるために最大限の努力をしてくれた。そして、それは最初から注目に値した」

「最終的にチームの努力は2021年に速いマシンで報われた」

2021年はマックス・フェルスタッペンがルイス・ハミルトンを倒してF1ワールドチャンピオンを獲得し、レッドブルとホンダF1は7年間のダブルタイトルを連覇していたメルセデスF1にストップをかけた。

レッドブル・ホンダは、メルセデスの9回に対し、10回のポールポジションを獲得し、メルセデスの9回に対して、10回の勝利を収めてシーズンを終えた。

この成功を念頭に置いて、2021年にレッドブル・ホンダが特にうまく活用できたと感じた部分について質問されたポール・モナハンは「全員のスキル、全員の熱意、そして、全員の変化、適応、反復への意欲・・・」と答えた。

「我々は大部分が凍結されたマシンで耐えるよりも少し苦痛を経験した。おそらくそれが最も満足のいく部分だった」

だが、ポール・モナハンは、レッドブル・ホンダがコンストラクターズタイトルでメルセデスをより強くプッシュすることができなかったことへの不満を認めた。

セルジオ・ペレスのシーズン後半の改善は、マックス・フェルスタッペンの一貫した強力なフォームに追加されたが、レッドブル・ホンダは、最終的にメルセデスに28ポイント届かなかった。

「失望することはないが、フラストレーションを感じたのは、コンストラクターズチャンピオンシップでそれほど激しく挑戦することができなかったことだ」とポール・モナハンは続けた。

「プロスポーツにおいて、我々が何かに値すると言うのは間違っていることを知っている。勝ち取ってこそだ。我々はコンストラクターズチャンピオンシップへの挑戦でより良いショットができたし、アブダビでのすべての集大成はもっと近づいていたはずだと感じている」

「残念ながら、そうではなかった。おそらくそこがすべての中で最も悲しい部分だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1