レッドブルF1代表 「3基のホンダF1エンジンだけでもタイトルを獲れた」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンは3基のホンダのF1エンジンだでF1ワールドチャンピオンを獲得できたはずだと語る。

今シーズン限りでF1から撤退することが決定したホンダF1は、2022年シーズンに導入する予定だった新型パワーユニットを1年前倒しで導入した。

その結果、ホンダのF1パワーユニットの内燃エンジンとエネルギー回生システムは、シーズンの大部分でメルセデスと匹敵するまでパフォーマンスを向上させた。そして、マックス・フェルスタッペンのタイトル獲得に向けて、22戦でホンダF1のエンジンに信頼性の問題は発生しなかった。

だが、F1イギリスGPでルイス・ハミルトンとの接触によるクラッシュによってエンジンにクラックが入り廃棄を余儀なくされ、F1ロシアGPで4基目のエンジンとその他コンポーネントを投入してグリッド降格ペナルティを受けた。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、シルバーストンでクラッシュがなければ、割り当てられた3基のエンジンでシーズン全体を走り切れたと語る。

「ホンダの情熱、コミットメント、労働倫理…F1に戻ったとき、彼らは苦労していた。彼らは頭を下げて、それに一生懸命取り組んだ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「そして、彼らとのこの関係の初日からそれは驚異的だった。彼らの文化を通して、彼らが持っている労働倫理を見ることができるだろう」

「今年のこのエンジンは12か月前倒しされた。シルバーストンでのインシデントがなかったら、マックスはシーズン全体を3基のエンジンで走り切っていただろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1