レッドブルF1代表 「メルセデスの上訴の可能性は脅威ではなかった」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンのF1ワールドチャンピオンがメルセデスF1の上訴の可能性によって危険に晒されるとは決して考えていなかったと語る。

物議を醸したF1アブダビGPの結果を受け、メルセデスF1は、F1レースディレクターのマイケル・マシが処理したセーフティカーのプロセスに抗議した。しかし、スチュワードを抗議を拒否。チームは上訴の可能性を示唆した。

だが、メルセデスF1は、上訴の最終期限である木曜日に抗議を取り下げた。

レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、ルイス・ハミルトンとメルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフがFIA年間授賞式を欠席したことについて「あまりに脅威には感じなかった」と認める。

「当然、我々はかなり長い間スチュワードの前にいた。そして、何が起こったのかについて多くの議論があったのは明らかだ」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「しかし、F1ではセーフティカーは一般的なことだし、今シーズンを通して目にしてきた。レースディレクターの決意は常にレースを再開することであることは明らかだ。それは何年もの間、明確なミッションだった」

「多くのことが成されてきたが、そういうものだ。我々は、レースの早い段階でさえ、非常に多くの決定を下した」

クリスチャン・ホーナーは、ヤス・マリーナでレッドブルにとってチップが正しい方向に落ちたことを認識しているが、F1アブダビGPのタイトル決定におけるマックス・フェルスタッペンの幸運な運命は、ある意味でシーズン中にフェルスタッペンが耐えた悪い裁定と不幸に対する見返りと補償であると考えている。

「サウジアラビアでの決定のいくつかは我々に反していると感じた」とクリスチャン・ホーナーは述べた。

「たとえば、イモラでは運が悪かったと感じた。ルイスはグラベルトラップにはまり、レースを外れ、ラップダウンとなったが、チームメイトがウィリアムズとクラッシュしし、彼はラップを取り戻し、2番グリッドに並び、2位にフィニッシュした」

「シルバーストンでのクラッシュ、赤旗では、ルイスはペナルティを受けたが、それでも彼はファステストラップでレースに勝った。今年は多くのことが我々に不利に進んでいると感じた」

「だが、1年を通して見れば、物事はうまくいき、バランスがとられる習慣がある」

来年、F1は、チームのピットウォールとレースディレクターの間のレース中の無線通信を抑制するととしているが、クリスチャン・ホーナーは将来、物事を解決するために、レースの神との直通通話に頼るだろうと冗談交じりに語った。

「ルイスとメルセデスはアブダビで速いパッケージを持っていたし、それはレースの神々から何かを取り出させた。私は直接のラインを持っていることを非常に嬉しく思う!」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「もちろん、将来マイケル(マシ)と話ができないのであれば、そのラインを使い続けるかもしれない!」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス