レッドブルF1代表 「メルセデスにはマシンがあり、我々にはマックスがいる」 F1最終戦
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、マックス・フェルスタッペンを称賛。メルセデスF1のマシンにはアドバンテージがあるかもしれないが、レッドブル・ホンダF1にはフェルスタッペンがいることでタイトル争いを続けることができていると語った。

2021年のF1もいよいよ最終戦。同ポイントで並んだマックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンのうち、先にゴールした方が2021年のF1ワールドチャンピオンを獲得する。

メルセデスF1の最近のペースについて質問されたクリスチャン・ホーナーは「とてもタフな戦いになるだろう」と認める。

「彼らにはフォームがあり、現時点では彼らのマシンにはペースがある。だが、我々にはマックスフェルスタッペンがおり、素晴らしいチームがある。我々には最後の大きなプッシュが必要だ」

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンが、今シーズンのレッドブル・ホンダにもたらした資質について説明した。

「マックスをとても素晴らしいものにしているのは、彼のドライビング方法です。彼は心を込めて運転し、攻撃性と決意を持って運転する。それが、確実に統計的には間違いなく史上最高のドライバーと同じレベルのポジションに彼を導いた理由だ」とホーナーは言った。

「マックスは多くの精査を受けており、彼は大きなプレッシャーにさらされている。24歳になったばかりの若い男性にとって、彼がそのプレッシャーに対処し、批判や精査に対処し・・・彼はそれに対処するためにそのような精神的な回復力を示した」

「我々は彼を非常に誇りに思っている。今年の彼の行動を非常に誇りに思っている。彼がいなければ、このような状況にはなっていなかった。今週末、このチャンピオンシップのために戦うことはなかった」

「彼は厳しく扱われましたか? スポットライトはおそらく彼をより明るく照らしている、今年の決定のいくつかは難しいと感じた。しかし、それはそれだ。我々はそれに耐える必要があり、我々はコース上で仕事をするためにベストを尽くさなければならない」

クリスチャン・ホーナーは、今週末のレースでレッドブル・ホンダF1にはプレッシャーがかかっているが、ルイス・ハミルトンとメルセデスと対戦するとき、チームは力を発揮してくれるはずだと語る。

「気分は良いです。このポジションにいることに興奮している」とクリスチャン・ホーナーはコメントした。

「誰もがメルセデスに挑戦してから8年になる。チームの全員がここに来て、完全に興奮している。ドライバーズチャンピオンシップを目指しているが、両方のチャンピオンシップでチャンスがある」

「我々にはワンショットがあり、それを目指している。他のレースと何ら変わりはない。他のグランプリと同じように扱われるべきであり、今年のレースカレンダーの22戦の他のレースと同じようにアプローチする」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / マックス・フェルスタッペン