レッドブルF1、ルイス・ハミルトンのダブルイエロー裁定は上訴せず / F1サウジアラビアGP
レッドブルF1は、ルイス・ハミルトンのF1サウジアラビアGPのフリー走行3回目のダブルイエロー無視の疑いについてスチュワードに上訴を提出しないことをFIA(国際自動車連盟)は確認した。

ルイス・ハミルトンにとって、ジェッダ・コーニッシュ・サーキットでの最終プラクティスセッションは波乱に満ちたものとなった。このサーキットは、高速コーナー、壁、視界、トラフィックが問題となっている。

ルイス・ハミルトンもその危険性について警告していたが、FP3では実際に自分が障害を引き起こす側となった。

まず、ピエール・ガスリーが、ターン1でスロー走行のルイス・ハミルトンに遭遇。ガスリーのために進歩を空ける方法がわからなかったハミルトンは、ガスリーともどもランオフエリアに逃れた。

ラップの後半には、ニキータ・マゼピンがブラインドのターン8に近づいたときにルイス・ハミルトンがレーシングラインを繰り―ジング。この件は審議対象となり、さらにハミルトンは、ダブルイエローで減速しなったとして召喚さらた。

最終的にスチュワードは、ダブルイエローについてはお咎めなしの決定をしたが、ニキータ・マゼピンの進路妨害についてルイス・ハミルトンがシーズンの2回目の叱責を受け、メルセデスF1チームは25,000ユーロの罰金を科された。

その決定は、メルセデスのルライバルであるレッドブルの注目を集めた。レッドブルは、前戦F1カタールGPでマックス・フェルスタッペンがダブルイエローを尊重しなかったとして5グリッド降格ペナルティを受けていた。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、インタビューの中で決定の矛盾を指摘し、上訴の可能性を示唆した。一方、ヘルムート・マルコは、レッドブルがこの件を「フォローアップ」していると述べました。

しかし、FIAは、現地時間の21:32の締め切りまでにレッドブルが上訴を提出しなかったことを確認した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルイス・ハミルトン / F1サウジアラビアGP