レッドブルF1代表 「フェルスタッペンはハミルトンの挑発には乗らない」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2021年のF1タイトル争いでルイス・ハミルトンがマックス・フェルスタッペンに“陰険な皮肉”と“挑発”を仕掛けていると非難しつつ、フェルスタッペンがその挑発に乗ることはないと語る。

チャンピオンシップを争いレッドブル・ホンダF1とメルセデスF1との舌戦は、過去数週間、特に2人のチーム代表の間で激化している。最近、アラン・プロストは、クリスチャン・ホーナーとトト・ヴォルフのメディアを通したお互いへの攻撃が“行き過ぎている”と苦言を呈している。

しかし、クリスチャン・ホーナーは、7回のF1ワールドチャンピオンであるルイス・ハミルトンが、ライバルであるマックス・フェルスタッペンにメディアで小さな挑発を仕掛けていると非難する。

「ルイスは絶えず陰険な皮肉や挑発を仕掛けている」とクリスチャン・ホーナーはTelegraphに語った。

「しかし、マックスの素晴らしいところは、彼がまったくそれを気にしないことだと思う」

「彼はそういう男だ。マシンを速く運転し、、家に帰ってプレイステーションをプレイしたいと思っている。それはそれと同じくらい簡単なことだ」

マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンを8ポイントリードしてシーズン最後の2レースに臨む。サウジアラビアとアブダビのダブルヘッダーがF1にとって記憶に残るシーズンを締めくくる。

F1は完全な白紙の状態でジェッダに向かう。サーキットはこれまでレースが開催されたことはなく、今週に入ってもまだ作業が行われており、ギリギリでレースを開催できる状態になる。

クリスリャン・ホーナーは、今週末、未知の世界に向かうマックス・フェルスタッペンの精神を異なる現代的なスポーツであるボクシングと比較した。

「マックスはタイソン・フューリーの戦いのようにドライブする」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼は同じ心を持っている。彼がそれにすべてを与えるつもりであり、ノックダウンされても彼は立ち上がるだろう」

「彼はその燃えるような欲求、そして、全面的なコミットメントを持っている。サウジアラビアでのマックスの最初のフライングラップは、どのドライバーよりも最速だとお金を賭けてもいい」

マックス・フェルスタッペンは、3回のDNFと損傷したマシンで戦うことになったF1ハンガリーGPでの9位を除けば、2021年ここまで他のすべてのレースでトップ2でフィニッシュし、F1での最初のタイトル争いで一貫性を示している。

クリスチャン・ホーナーは、最後の2レースでもそれが続くと感じており、最終決戦にリラックスしていると語った。

「シーズンを通じてマックスが示した成熟度は非常に印象的だった」とクリスチャン・ホーナーはレッドブルのウェブサイトのコラムに書いた。

「彼はリラックスしていて、プレッシャーに非常にうまく対処している。彼はこれまで以上にいい走りをしていると思う」

「その良い例は、カタールでのレース中、彼はルイスを捕まえることができるとは思わなかったが、無線で『楽しみたい』とコメントしたことだ」

「マックスはストレートな物言いをしているし、自分の見方で判断している。彼はスポーツ心理学者とは仕事をしていない。それが彼の対処の仕方だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ルイス・ハミルトン / マックス・フェルスタッペン