レッドブルF1代表 「契約延長でペレスに安心を与えた成果が出ている」
レッドブル・ホンダF1は、チャンピオンシップバトルで“より優れたチェコ”を手に入れるためにセルジオ・ペレスとの契約を2022年まで延長した。

残り2戦で大詰めを迎える2021年のF1タイトル争いに向けて、メルセデスF1はマシンで優位に立つかもしれないが、レッドブル・ホンダはセルジオ・ペレスが調子を上げていることでより優れた“ナンバー2”がいる。

「我々は夏休みに腰を下ろし、彼に安心(担保)を与えれば、より良いチェコを手に入れることができると気づいた」とレッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーはAuto Motor und Sportに語った。

「シーズン後半は我々が正しかったことを証明している。チェコははるかに良くなった」

クリスチャン・ホーナーは、マックス・フェルスタッペンのチームメイト全員が、近年、セルジオ・ペレスと同様の苦労をしていると語る。

「マックスは低速と中速のコーナーで常に勝つ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「たまに、1つのコーナーだけで0.2秒差まで縮まることもある」

「我々のマシンのリアはブレーキングで常にナーバスだが、マックスは気にしない。他の誰もがそこを気にする。彼らは自信を失う」

「たぶん、マックスはマシンのこのナーバスさに気づきさえせずに、まっすぐ走り抜ける」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「マックスはどんなマシンでも速い」と語る。

「どんなマシンに乗せても、彼は2周目に限界に達している」

だが、ヘルムート・マルコは、セルジオ・ペレスにとっては、特にマシンのセットアップ変更が必要な場合には別の話だと語る。

「そうなると彼が適応するのにもっと時間がかかる」とヘルムート・マルコは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / セルジオ・ペレス