レッドブルF1、メルセデスのリアの車高を下げる“デバイス”を指摘
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスのF1の直線スピードが急に向上したのは、特別な“デザイン”を使用しているからだと確信している。

メルセデスF1は、過去数レースでレッドブル・ホンダよりも特に直線スピードで優位に立っており、残り6戦のF1ワールドチャンピオン争いにおいて希望を後押ししている。

レッドブルF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、それが純粋にエンジンのアップグレードによるものではないと考えている。代わりに、ストレートでW12のリアを下げていると彼が疑う“デバイス”について言及。Sky F1の専門家である元F1ドライバーのポール・ディ・レスタもその後の分析で強調している。

「メルセデスは明らかに、そのタイプのサーキットで実行できる直線デバイスを最適化していると思う」とクリスチャン・ホーナーは、FP1の間にSky F1 に語り、イスタンブール・パークでの前のレースについて言及した。

「彼らのマシンのリアを見ると、それがどのように下がるかがわかる。トルコはその強みを発揮されたと思う」

だが、クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・ホンダとしてそれがメルセデスが違法なことをしていることを示唆訳ではないと語る。

メルセデスF1のチーム代表を務めるトトヴォルフは、クリスチャン・ホーナーの主張を単なる「ノイズ」だとして却下した。

「これは、競技者が何らかの特効薬がないかどうかを常に調べようとするスポーツであることを我々は完全に認識していると思う」とトト・ヴォルフは語った。

「私の経験では、そのようなものはない。パフォーマンスの追加をもたらすのは、すべての小さな利益、わずかな利益だ」

「我々は自分のマシンの理解を本当に深めているし、ノイズにあまり耳を傾けることなくラップタイムでパフォーマンスを向上させようとしている」

関連:F1解説:メルセデスの直線スピード増加は“ディフューザーストール”効果?

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1マシン / メルセデス / F1アメリカGP