レッドブルF1、F1トルコGPを戦うホンダ特別カラーリングを公開!
レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリは、2021年 第16戦 F1トルコGPでエンジンパートナーであるホンダへの感謝を示した特別カラーリングで戦う。

10月8日~10日、本来は日本GPが開催される予定だったレースウイークに、イスタンブールでF1トルコGPが行われる。

レッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリはユニークなカラーリングでレースを行い、パワーユニットサプライヤーのホンダとの勝を祝い、ホンダF1のファンに別れを告げる機会を与える。

マックス・フェルスタッペンとチームメイトのセルジオ・ペレスの2台のレッドブル・レーシング RB16Bは、1965年のF1メキシコGPでホンダがF1初優勝を獲得した伝説的なホンダRA 272車に触発されたホワイトのカラーリングを採用。

一方、スクデリア・アルファタウリでは、ピエール・ガスリーと角田裕毅が運転するAT02のリアウイングに「ありがとう」をメッセージが掲載される。

レッドブルとホンダのパートナーシップが2018年に開始されて以来、日本のメーカーはレッドブル・レーシングとスクーデリア・アルファタウリの両方がF1表彰台のトップに到達するのを支援してきた。

レッドブル・レーシングはこれまでに13勝を挙げ、スクーデリア・アルファタウリは、2020年F1イタリアGPで記憶に残る勝利を収めました。レッドブルとホンダは合計で35回の表彰台を獲得し、これまでに11回のポールポジションを獲得している。

クリスチャン・ホーナー(レッドブル・ホンダF1チーム代表)
「我々全員が、ホンダの日本のファンに鈴鹿の故郷でのF1での非常に成功した関係を祝う機会を与えることを楽しみにしていた。レースがパンデミックの犠牲になり、我々はホンダとその驚くべきホームファンに敬意を表さずに週末を過ごすことはできず、その遺産の少しをイスタンブールに持ち込むことにした。我々のマシンに選ばれたカラーリングは、ホンダの驚くべきF1の旅に敬意を表しており、今週末、この伝説的なカラーでファンにもう一度勝利を与えることができれば幸いだ」

渡辺康治(ホンダ ブランド・コミュニケーション本部長)
「ホンダの誰もが、その決定の背後にある理由を完全に理解し、同意してはいるものの、日本FPがキャンセルされなければならなかったことに非常に失望しています。特に我々のスポーツでのラストイヤーで、両方のチームが非常に好調な記事に鈴鹿サーキットでレースをすることを熱望していました。また、日本のファンは、ホンダがここに最後に登場し、角田裕毅がホームレースでドライブするのを特に楽しみにしていたと思っています。特別なカラーリングが、非常にエキサイティングな週末に取って代わることはできませんが、世界中のホンダファン、特に日本のファンが、この特別なカラーリングを、これまでの長年にわたる継続的なサポートに対する感謝の印として受け入れてくれることを願っています」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1トルコGP / アルファタウリ