レッドブルF1代表 「フェルスタッペンの2位はまるで優勝したような気分」 F1ロシアGP 決勝
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2021年F1ロシアGPの決勝レースを振り返った。

マックス・フェルスタッペンは最後尾スタートから2位表彰台を獲得した。曇天のソチ・オートドロームで開催されたレースは最終盤で雨が降り始めたが、フェルスタッペンとチームはタイヤを正しいタイミングでインターミディエイトに交換。

7位から一気に2位まで順位を上げて、ライバルのルイス・ハミルトンに続く2位でフィニッシュした。

一方、セルジオ・ペレスは難しいレースコンディションの中、スリックタイヤを履き続ける判断を下し、9位でフィニッシュした。

「まずはルイス(・ハミルトン)に通算100勝おめでとうと伝えておくが、グリッド降格ペナルティを受けたあと2位でフィニッシュできたので、まるで優勝したような気分だ。残り6〜7周の時点では、表彰台は無理に思えていた。しかし、今日のようなトリッキーな天候では、状況が瞬時に変わる可能性がある。ピットインすべきかどうかをこちらが判断するのは非常に難しかった。ピットウォールのエンジニアよりもドライバーの方がレーストラックの状況を把握していたので、インターミディエイトに交換するかどうかの最終判断はマックスとチェコに委ねた」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「結局、マックスは正しい判断を下し、ピットインを活かして結果で大きな恩恵を受けた一方、チェコはピットインを回避して大きく順位を落としてしまったが、このようなことは起きえるし、運次第のところもある。レース終了直前まで勇敢にトライした上位ドライバーはチェコだけではなかったが、結果的に上手く機能しなかった。イタリアGPとロシアGPはメルセデスが強いサーキットだったので、ドライバーズランキングで首位から僅か2ポイント差につけられたのは上出来だ。パワーユニット交換のペナルティを受けたあと表彰台を獲得できて良かった」

「チーム全員が今シーズンを心の底から楽しんでいる。私たちはタイトル争いに復帰できている。ラスト7戦がすべてだ。正しい戦術を用意し、ペースを手に入れることが重要になる。ペナルティも影響してくるだろう。どのような展開になるのかを見守るのが楽しみだ。トルコGPに目を向けると、昨シーズンは路面が新しくなった影響で興味深いレースになったので、今シーズンは路面が落ち着いていることを願っている。いずれにせよレースが楽しみだ。今日の結果がタイトル争いを上手く盛り上げてくれた。素晴らしい戦いになるだろう」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1ロシアGP