レッドブルF1代表 「セルジオ・ペレスは自分の役割を分かって契約」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスは“フェルスタッペンとチームがタイトルを獲得するのを助ける”という自分の役割をわかって契約したと語る。

セルジオ・ペレスは、今年の初めにレッドブル・ホンダに加入。過去数年で安定しなかったマックス・フェルスタッペンの3人目のチームメイトとして契約を結んだ。

セルジオ・ペレスは、前任のアレクサンダー・アルボンとピエール・ガスリーと同じようにドライバーズ選手権でマックス・フェルスタッペンに匹敵することに苦労している。

今年、マックス・フェルスタッペンは7勝を挙げて226.5ポイントを獲得しているが、セルジオ・ペレスはフェルスタッペンがタイヤバーストでリタイアしたF1アゼルバイジャンGPでの1勝で118ポイントしか獲得できてない。

セルジオ・ペレスは、すでに2022年の新しい契約をレッドブル・レーシングと結んでいるが、彼の仕事はマックス・フェルスタッペンに挑戦することではなく、チームメイトがタイトルを獲得するのを“助ける”ことにあるとクリスチャン・ホーナーは語る。

「トリプルヘッダーの途中で、2022年にチェコがチームに残ることを確認した」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼はもう1年の契約を正当化するのに十分な仕事をしたと思う」

「彼は今年の自分の役割を知っていた。マックスとチームがタイトルを獲得するのを助けることだ」

「もちろん、2022年の新しいクルマになるため、彼の経験により、彼を維持することが正しく論理的な選択肢だった」

セルジオ・ペレスは、今シーズンすでにマックス・フェルスタッペンを数回サポートしており、最近はF1イタリアGPの金曜日の予選でスリップストリームを与えた。

それにより、セルジオ・ペレスが9番手で予選を終えたが、マックス・フェルスタッペンはメルセデス勢に次ぐ3番手のポジションを獲得している。

「モンツァで各セッションでチームメイトにスリップストリームを与えることが彼のパフォーマンスだった。彼はチームドライバーとして完璧な役割を果たしたし、表彰台に上がらなかったのは残念だった」

「しかし、チェコにとっては良いレースが待ち受けているし、彼にとって非常にうまくいくと感じている。彼は運が悪かったし、それは変わると思う」

クリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスの母国レースであるF1メキシコGPでは、マックス・フェルスタッペンをサポートに回ることはないことをほのめかした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / セルジオ・ペレス