レッドブル・ホンダF1、ソチでのフェルスタッペのPU交換は予選次第
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1ロシアGPでマックス・フェルスタッペンにホンダのF1パワーユニットを交換して追加のペナルティを消化させるかどうかは土曜日の予選結果次第だと語る。

マックス・フェルスタッペンは、F1イタリアGPでのルイス・ハミルトンとのクラッシュによってF1ロシアGPでの3グリッド降格ペナルティが確定している。

すでにマックス・フェルスタッペンは、F1パワーユニットの年間使用基数の上限に達しているため、すでに降格が決定し、比較的オーバーテークが可能なF1ロシアGPを追加のペナルティを受けるための戦略的なエンジン交換の場に選ぶ可能性が語られてきた。

「最終的にはグリッドペナルティを受けることを避けられないが、それまでに約3~4レースのウィンドウがある」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「最終的には、土曜日にソチでどの位置にいるかによって決まる。その後、初めて、このテーマについて決定を下すことができると思う」

マックス・フェルスタッペンがF1イギリスGPでクラッシュを喫したF1エンジンは亀裂が見つかっている。その使用については「修理可能」から「金曜日のプラクティスでのみ使用可能」「エンジンは潰れた見なす必要がある」まで多岐にわたっている。

実際のところはどうなのだろうか?

「残念ながら、亀裂は修理や修理が非常に難しい部分にある。そのエンジンの走行距離は非常に少ないので、おそらく金曜日のエンジンと見ないた。できるかもしれないが、残念ながらその可能性は低い」

セルジオ・ペレスも、F1ハンガリーGPのオープニグラップで事故に巻き込まれたときにエンジンにダメージを負ったが、そのエンジンはすぐにためらうことな廃棄された。

だが、セルジオ・ペレスはすでにザントフォールトで開催されたF1オランダGPで4基目のパワーユニットを投入してグリッドペナルティを消化している。

クリスチャン・ホーナーは、不測の事態が発生しない限り、セルジオ・ペレスはシーズンの終わりまで快適に過ごせるはずだと語る。

「イエス。彼はペナルティを受け、計画に戻っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1ロシアGP / マックス・フェルスタッペン