レッドブルF1、アルボンの移籍でウィリアムズと技術提携の可能性
レッドブルF1は、アレクサンダー・アルボンのウィリアムズ移籍が、両F1チーム間の将来の技術的またはエンジンパートナーシップの前兆である可能性を否定しない。

数週間の議論の後、レッドブルは、契約関係からリリースすることで、テスト兼リザーブドライバーのアレクサンダー・アルボンが2022年にウィリアムズとF1復帰する道を開くのを助けたが、声明では「将来の選択肢」として関係を維持していくと述べた。

ウィリアムズの現在のエンジンサプライヤーであるメルセデスは、ジョージ・ラッセルのメルセデス移籍でできた空席について長期にわたって話し合い、フォーミュラEチャンピオンであるニック・デ・フリースを推してきたが、ウィリアムズのCEOであるヨースト・カピトは、アレクサンダー・アルボンのF1での経験を選んだ。

レッドブルは、今季限りでF1から撤退するホンダからF1エンジンを引き継ぐ準備をしており、メルセデスから多数の上級職員を引き抜いて、独自のパワートレイン部門を構築している。

アレクサンダー・アルボンとの契約は、今後ウィリアムズとの緊密な関係の第一歩になる可能性があるとの推測がある。ドリルトン・キャピタルが新たなオーナーとなったウィリアムズは、新たな投資にとって長期計画を念頭に置いている。

F1イタリアGPの記者会見で、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、レッドブル・パワートレインズの現在の焦点は、2022年から自身のチームと姉妹チームのアルファタウリにF1エンジンを供給することにあると語った。

しかし、F1が2026年にまったく新しいエンジンレギュレーションを導入する際には、長期的に他チームへの供給にドアをオープンにしていることを示唆した。

「もちろん、我々はまだエンジン設備を持っていない」とクリスチャン・ホーナーは説明しました。

「我々はそれを構築するのに忙しく、現時点では2つのチームに十分な量の供給がある」

「しかし、もちろん、新しいレギュレーションが間近に迫っているとき、将来についてあり得ないことは何もない」

ウィリアムズとアレクサンダー・アルボンの契約は、10年ぶりにレッドブルが自身のチームとアルファタウリ外に提携ドライバーの1人を配置することになる。ダニエル・リカルドは、2011年シーズン中盤にHRTでF1デビューを果たしている。

クリスチャン・ホーナーは、レッドブルF1として、アレクサンダー・アルボンのインプットを失うのは惜しいがが、2022年のマシン開発を推し進めるため、彼は引き続き懸命に仕事をしていくと述べた。

「彼の経験と労働倫理のために、我々は彼がいないことを惜しむだろう」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「彼は非常に強力なチームプレーヤーだ。アレックスは年末まで、または少なくともシーズンの終わりまで我々と一緒にいる」

「今後3か月間の彼の仕事率は重要になるだろう」

レッドブルのリザーブドライバー候補には、F2ドライバーのリアム・ローソン、ユーリ・ビップス、FIA-F3のデニス・ハウガー、そして、フォーミュラEレーサーのセバスチャン・ブエミとジェイク・デニスが含まれている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ウィリアムズ