レッドブルF1首脳、接触をセナプロの再来と煽るメディアを一刀両断
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンのF1イタリアの衝突を、1990年のアイルトン・セナとアラン・プロストと共通点があるとして煽るメディアを一刀両断した。

マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンは、F1イタリアGPの決勝でクラシュを喫して両者はリタイア。スチュワードは、フェルスタッペンに非があるとして3グリッド降格ペナルティを科した。

クラッシュは、両者がF1イギリスGPで接触事故を起こしてから2か月も経たないうちに発生た。シルバーストンでのインシデントではルイス・ハミルトンに責任があるとして10秒加算ペナルティが科されたが、マックス・フェルスタッペンがリタイアしたのに対し、ハミルトンは優勝している。

そして、F1イタリアGPの接触は、それが意図的なものだったかどうかが論点となった。

1996年のF1ワールドチャンピオンのデイモン・ヒルは“ルイスと衝突するための計算された動きであるかどうか”について次のように語った。

「強力なものであり、私が誰かを非難する考えは好きではないが、彼(フェルスタッペン)はポイントアドバンテージを持っており、これはメルセデスが勝つことになっていたレースだった」とデイモン・ヒルはコメント。

「そのバイブスに尽きる。マックスはまだチャンピオンシップのリードを保っている」

マックス・フェルスタッペンとルイス・ハミルトンのバトルが、アイルトン・セナとアラン・プロストの“セナプロ”のライバル関係に準えられるのは初めてではない。二人が少しでも接触するとすぐに“セナプロ”と見出しをつけたがるメディアは少なくない。

アイルトン・セナは、1990年のF1日本GPでアラン・プロストに故意にマシンをぶつけた。これでセナの2度目のタイトルが決定し、プロストは危険な行為を訴えたが、スチュワードはレーシングインシデントとして処理した。

ヘルムート・マルコは、クラッシュにとって両者がリタイアしたことを除けば、F1イタリアのインシデントは鈴鹿の出来事と何の共通点もないと語る。

マルコは、クラッシュが両方のドライバーをレースから外したことを除けば、日曜日の事件はその鈴鹿の瞬間と何の共通点もなかったと言います。

「2人が友達にならないことは明らかだ」とヘルムート・マルコは grandpx.news と語った。

「マックスがハミルトンの近くにいたのはピットストップのせいだ。だが、私はあれをレースインシデントと宣言する」

「ハミルトンはもっと多くのスペースを残すことができたかもしれませんが、マックスが意図的にそれをしたと仮定するのはナンセンスだ。それはプロストやセナのようでもない。大きな違いがある」

「結果は同じかもしれませんが、あれは意図的なものだった」

「しかし、今回は、どちらもそのような意図はなかった。両方がリアイアすることを計画することはできない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ルイス・ハミルトン / マックス・フェルスタッペン