レッドブルF1 「ミック・シューマッハよりもダウンフォースが少なかった」
レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンのRB16Bは、F1ハンガリーGPでの1周目のドラマの後、ハースF1の「ミックシューマッハよりもダウンフォースが少なかった」とチーム代表のクリスチャン・ホーナーは語る。。

2回連続のレースウィークエンドで、マックス・フェルスタッペンは「メルセデスに破壊された」。今回はバルテリ・ボッタスだった。ウェットのハンガロリングでバルテリ・ボッタスはスタートで後退し、1コーナーでポジションを取り戻そうとした。

バルテリ・ボッタスはブレーキングでミス、ランド・ノリスを追突し、マクラーレンをマックス・フェルスタッペンのレッドブルに衝突させた。

マックス・フェルスタッペンのRB16Bは大きなダメージを受けた。レッドブル・ホンダは赤旗の間に交換することができたが、その多くはテープで留められていた。

レースに戻ったが、ポイントを大きく外れたマックス・フェルスタッペンは、ハースF1のミック・シューマッハとポジションを争った。フェルスタッペンが最終的に彼を追い抜く前に、シューマッハは数周にわたってポジションを守った。

マックス・フェルスタッペンにとって残念なことに、10位までしか挽回できなかった。アストンマーティンF1のセバスチャンベッテルの燃料違反に対する失格の訴えで失敗するか撤退した場合、9位になる可能性がある。

「バージボードの右側全体が欠けていた」とクリスチャン・ホーナーは Sky F1 に語った。

「彼はおそらくミック・シューマッハよりもダウンフォースが少なかった。それは我々にとって残酷だ」

「チームがあの車をそこに戻すためにうまくやってくれたと思う」

「彼らは最速のストップを決めた。マックスはあの1ポイントのために戦った。そして、それはシーズンの終わりに重要なものになるかもしれない」

マックス・フェルスタッペンが10位だった一方で、ルイス・ハミルトンは奇妙なリスタートから挽回した。ハミルトンはスリックタイヤをピットインしなかった唯一のドライバーで3位でフィニッシュ。アストンマーティンF1への裁定次第では2位に昇格する。

その結果、メルセデスF1は両方のチャンピオンシップでリードを得た。

クリスチャン・ホーナーは、それがチームを失望させないだろうと語る。

「非常にイライラする。だが、両タイトルにおける2チームの差はまだ小さい」とクリスチャン・ホーナーは付け加た。

「ここ数レースは非常に不運だった。ダメージ、パーツ、エンジンにはかなり残酷だった。だが、チャンピオンシップの後半戦にむけて、自分自身を磨き、戦うつもりだ」

「明らかに、2週間は大変だった。だが、今見たように事態はすぐに好転する可能性がある」

ダメージを負ったマックス・フェルスタッペンのRB16Bテープで補修

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1ハンガリーGP