レッドブルF1首脳、角田裕毅の2022年のアルファタウリ残留を示唆
レッドブルは、2022年もレッドブル・レーシングおよびスクーデリア・アルファタウリの2つのチームのドライバーラインナップを継続することを示唆している。

姉妹チームのアルファタウリでは、ピエール・ガスリーが明確なリードドライバーであり、今シーズン以降も間違いなくシートにとどまるように見える。

ピーエル・ガスリーは、レッドブルF1のドライバーマネージャーであるヘルムート・マルコとの最近の会談を振り返り、「オーストリアで昼食をとりながら話し合い、多くのことについて話し合った」と語った。

「僕がまだレッドブルと数年の契約を結んでいることを考えると、彼らのビジョンと将来の計画についてもう少し理解を深めることができて良かっただ」

ピエール・ガスリーのチームメイトである角田裕毅について、ヘルムート・マルコは最近の英国からイタリアへの転居が報われると確信していると語る。

「それは前向きな一歩だった」とヘルムート・マルコは RTL に語った。「これから何らかの形で現れるだろう」

シニアチームのレッドブル・レーシングでは、チャンピオンシップリーダーのマックスフェルスタッペンが2022年も残留することは明らかだ。それは新しいチームメイトであるセルジオ・ペレスにも同じことが当てはまる。

ヘルムート・マルコは、発表は8月の夏休み後に予定されていると語る。

「そこまでにはレッドブルとアルファタウリの両方のドライバーペアを発表する準備ができているはずだ」とヘルムート・マルコは明かした。

「原則として、既存のペアリングを維持したい。しかし、関連するすべての要素を常に考慮するため、それには時間がかかる」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アルファタウリ / 角田裕毅