レッドブルF1代表 「次世代F1エンジンの導入は2026年まで延期するべき」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャンホーナーは、新しいエンジンルールは2026年まで施行すべきではなく、現在のアーキテクチャから明確に逸脱する必要があると語る。

F1のV6ターボハイブリッドエンジンは2014年に導入された。複雑なエネルギー回収システムであるMGU-H要素を廃止する動きもあったが、それ以来変更されていない。

現行F1パワーユニットは、2025年にまだ完全には概説されていない新しいエンジンルールのセットに最終的に置き換えられる予定となっている。

先週末のオーストリアには、メルセデス、フェラーリ、ルノー、レッドブル、ポルシェ、アウディの幹部、そして、F1 CEOのステファノド・メニカリ、F1マネージングディレクターのロスブラウン、FIA会長のジャン・トッドが集まって、エンジンルールについてのミーティングを行った。

レッドブルは、新しいF1エンジン部門を設立しており、新しいF1ルールのエンジンは、レッドブル・パワートレインズ史上初の設計になる。

ポルシェとアウディの会議への出席は、親会社であるフォルクスワーゲン・グループの継続的な評価プロセスの一部であり、これらの会議への参加は、近い将来にF1への参入が決定されることを意味するものではない。

だが、クリスチャン・ホーナーは、F1に「参入を検討している潜在的なニューカマー」がいるという事実は、F1が現在のルールセットの基本的な要素を引き継ぐのではなく、“白紙の状態”から始めるという議論を支持しているとし、それを達成するために2026年まで導入を延期することが最善だと考えていると語る。

「私は。むしろ時間をかけて、コスト、パフォーマンスの基準に適合し、緊密なレースを奨励する、刺激的で、異なり、関連性のあるものを考え出すことを望んでいる」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「また、サウンドとエモーションを軽視してはならない」

「私にとってはこれらが焦点を当てるべき基準であり、現在非常に高価なエンジンを引き継いで、それを安くしようとするのは非常に残念だ。ファーストクラスで飛んでエコノミーチケットの代金を支払うことはできない」

「特に2026年の場合は、持続可能な、環境にやさしい、バイオ燃料を使用する、エンジンをもう少し白紙の状態で考え出す機会がある。我々が現在持っているものを単に引き継ぐのではなく、コストを明確に制御できる標準化の要素を備えたものになるかもしれない」

F1が次世代エンジンについて以前に概説した具体的な目標は、環境の持続可能性と社会的および自動車的関連性、完全に持続可能な燃料、強力でエモーショナルなパワーユニット、新しいパワーユニットメーカーにとって大幅なコスト削減と魅力だ。

持続可能性の焦点としていわゆるカーボンニュートラル燃料を使用することは、新しい規則の保証された要素であるように思われ、電力出力が増加し、運動エネルギーがより重視されるV6ハイブリッドエンジンとなるだろう(現在、MGU-Kを介して利用されています)。

また、エンジン開発コストの上限も重要な要素と考えられている。

クリスチャン・ホーナーは、彼がF1のために提唱しているルートは「参入する新しいメーカーなら誰でも熱心だ」と述べ、オーバーホールを延期することは、既存のエンジンメーカーに利益をもたらすものだと信じていると語る。

「これらのエンジンに投資してきた既存のメーカーが、IPを新しいエンジンにロールオーバーしたいと考えているのは理解できる」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「しかし、もちろん、この現在のエンジンは非常に高価であり、どのようにコストを削減するか・・・現時点では、私が参加したすべての議論はそれは達成されていない」

「もちろん、内燃エンジンが他の多くの側面に当てはまる場合、特にF1のOEM所有チームまたはエンジンメーカーの場合、エンジンの監視ははるかに難しいため、コスト上限を実装するのは簡単ではない」

「明確に制御できる白紙の状態から始めて、許可されているダイナモの量とリグ時間を調整し、創造性を促進すること、マニュファクチャラーがそれを間違えた場合でも、彼らが効果的に追いつく機会を持つことができるというセーフティネットも必要だ。これらのエンジンは、今後10年ほど使用する予定なので、2036年になる。我々は、スポーツに関連し、適切な何かを考え出す必要がある

「そして、もちろん、それはエンジンだけではない。この種の効率を達成するには、ロードラッグであるマシンと統合する必要がある。そのため、シャーシ側にも大きな影響を与える」

「したがって、2026年に向けて白紙の状態で考えるのが正しい道だ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / F1マシン