レッドブルF1、セルジオ・ペレスの2022年の残留に向けて新契約の交渉へ
2021年F1シーズンはまだ前半に過ぎないが、セルジオ・ペレスはすでにレッドブル・レーシングとの契約延長を勝ち取るのに十分なことをしているようだ。

今季からセルジオ・ペレスとの契約は、レッドブル・レーシングの哲学の変化を表している。ピエール・ガスリーとアレクサンダー・アルボンが、レッドブルのドライバープログラムから昇格したが、ダニエル・リカルドの後継者として重責を担うことができなかった。

レッドブル・レーシングは、メルセデスと戦える2人目のドライバーを必要としており、自身のタレントプールの外に目を向けていたところに、セバスチャン・ベッテルの加入によってアストンマーティンを追われたセルジオ・ペレスが現れた。

セルジオ・ペレスは、レースで勝利し、表彰台も獲得。チームとの最初の8レースで、他にもトップ5の結果を出しており、この決定はすでに賢明なもののだと考えられている。

セルジオ・ペレスの活躍と、今シーズンのマックス・フェルスタッペンの圧倒的な勢いと相まって、レッドブル・ホンダがF1オーストリアGPに先駆けてコンストラクターズチャンピオンシップでメルセデスと40ポイントの差を広げている。

レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、セルジオ・ペレスの強力なレースパフォーマンスを高く買っており、2022年に再びマックス・フェルスタッペンのチームメイトになることをすでに確信しているようだ。

「我々はチェコの仕事に本当に満足しているので、やがて彼と一緒に座ることになるだろう」とクリスチャン・ホーナーは Sky Sports F1に語った。

「今から夏休みまでの間に邪魔にならないレースがいくつかあるし、彼が獲得しているポイントと彼がしている仕事には満足している」

「長い議論になるとは思わないし、かなり簡単なものになるだろう。ですから、適切なタイミングで、その会話を行うつもりだ」

降格したピエール・ガスリーは、レッドブル・レーシングで2度目のチャンスを得たいことを秘密にしていないが、クリスチャン・ホーナーのこの発言を考えれば、そのドアは閉ざされているように見える。

ピエール・ガスリーは、2022年までレッドブルと契約しており、他のF1チームが獲得に乗り出さない限り、少なくとももう1シーズンはアルファタウリに残留すると考えられている。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / セルジオ・ペレス