レッドブルF1代表 「メルセデスが今季マシンの開発を止める訳がない」
レッドブル・レーシングのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスF1が2021年マシンをこれ以上開発せずに残りのシーズンを乗り切るとは“信じられない”と語る。

マックス・フェルスタッペンがF1シュタイアーマルクGPを制し、レッドブル・ホンダF1に4戦連続に敗れたにも関わらず、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、2022年の開発計画に固執し続け、2021年のマシンにこれ以上のアップグレードを導入することはないと繰り返した。

メルセデスF1は、コンストラクターズ選手権でレッドブル・ホンダに40ポイント差を付けられており、マックス・フェルスタッペンは、ドライバーズランキングでルイス・ハミルトンに18ポイント差をつけている。

レース後、ルイス・ハミルトンはメルセデスが今年レッドブル・ホンダを倒すためには“何らかのアップグレードが必要”だと強調したが、トト・ヴォルフは2021年のクルマの開発をやめるとチームいう決定を支持し、タイトルレースは残り15戦あることから「終わりにはほど遠い」と主張した。

対照的に、レッドブル・ホンダF1はRB16Bのアップデートをさらに提供し続けており、クリスチャン・ホーナーはメルセデスも同じことをすると信じていると語った。

「メルセデスがしていることは彼らのビジネスであるため、我々は自分自身のことに集中するだけだ」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「トトがどこか別の場所に光を当てるのが大好きことは分かっているし、彼らがマシンに1つもコンポーネントを加えることなく今年の残りの期間を乗り切るとは信じられない」

「我々にできることは、自分の仕事に集中することだけだ。もちろん、今年と来年との間の綱渡りとなるが、それが他チームよりも少し頑張らなければならないことを意味するのであれば、我々は完全にそれに取り組んでいる」

レッドブル・レーシングは、2013年に最後のタイトルを獲得して以来、F1で最高のシーズンを享受している。クリスチャン・ホーナーは、ようやくシーズンの力強いスタートを切れたこと、そして、マシンを継続的に改善できることの組み合わせにかかっていると感じている。

「今年は初めて競争力のあるマシンでスタートを切り、それを最適化して調整することができている」とクリスチャン・ホーナーは説明した。

「これらのマシンで曲線の頂点におり、ゲインはわずかだ。来年の新車に目をむければ、開発サイクルを経るたびに重要なステップとなる」

「今年のわずかな利益と来年の大きな一歩の間でバランスを取っている。しかし、それは過去の状況と何ら変わりはない」

しかし、クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・ホンダの支配的な状況が来週末のオーストリアGP以降も続くという保証はないと警告する。

「我々は、ネジを回し続け、集中して今やっていることを続け、その基本をうまくやり続けなければならない」とクリスチャン・ホーナーは語った。

「過去4レースで様々なタイプのサーキットで勝てたことは、2013年以来のベストランだ」

「そして、来週末ここに戻ってくる。昨年、同じサーキットで2つのレースがあったとしても、トラックの状態や天候などによって、2番目のレースは最初のレースとはかなり異なるものになる可能性があることが分かった」

「各レースに1戦ずつ取り組み、パフォーマンスを最適化する必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス