レッドブルF1首脳、メルセデスの心理戦は「無駄な努力」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、トト・ヴォルフもしくはメルセデスF1の心理戦を“雑音”だと見なしている。

F1アゼルバイジャンGPの週末、メルセデスF1のチーム代表を務めるトト・ヴォルフは、レッドブルのチーム代表のクリスチャン・ホーナーを“おしゃべり”だとこき下ろした。

ヘルムート・マルコは、2021年のF1タイトルを巡る直接対決のなかで、それらレッドブル・ホンダF1を妨害するための無駄な努力だと考えている。

「我々はそのレベルには行かない」とヘルムート・マルコは RTL に語った。

「我々はレースに完全に集中している。このような雑音は、少なくとも私にとっては何の意味もない」

実際、ヘルムート・マルコは、レッドブルのリアウイングの柔軟性が高すぎるという物語全体を“コップの中の嵐(ささいなことで大騒ぎすること)”と呼んだ。

ヘルムート・マルコは、メルセデスが今でもレッドブルのピット装備のいくつかについて不平を言っているが、チームはメルセデスとのコース上での戦いに集中し続けることを誓った。

「このようなチャンスがあれば、それを掴み取る必要がある。我々はそれを掴み取っていく」とヘルムート・マルコは言いました。

「我々全員が、長い間メルセデスの支配に苦しんでいる」

ヘルムート・マルコは、メルセデスF1が反撃を仕掛けていると語り、“メルセデスのカスマター”、おそらくアストンマーティンでさえ、最近、レッドブルのスタッフを“密猟”するために“大規模な努力”をしていることを明らかにした。

だが、ヘルムート・マルコは、それらの努力は失敗したと語る。

「我々全員が、このワールドタイトルを勝ち取るための情熱、興奮、そして渇望を持ったチームとして一緒にいる」とヘルムート・マルコは語った。

「メルセデスは常にエンジン出力で1秒の予備のアドバンテージを持っていいた。だが、もはやそれはない」

「我々は最初から競争力のあるマシンを送り出した。これからは細部が重要になる」

そして、メルセデスF1がレッドブルが及ぼす圧力の結果は、メルセデスの最近の過ちとパフォーマンスの奮闘の“完全”な理由である、とマルコは主張する。

だが、ヘルムート・マルコは「あのような2つのレースはシーズン全体のベンチマークにはなり得ない」とし、メルセデスはモナコやバクーのストリートよりもポール・リカールで強いはずだと警告した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス