レッドブルF1、シンガポールGPの中止でRB16Bの開発計画に“重要な変更”
レッドブル・ホンダF1は、F1シンガポールGPのキャンセルによってRB16Bに“重要な変更”を余儀なくされた。

レッドブル・ホンダF1は、ワールドチャンピオン獲得の可能性が続いている限り、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスの RB16B の開発を継続する意向だ。最近、フェルスタッペンは、この目的のために重大な判断ミスをしないよう改めてチームに要請した。

正確なレース数がまだ不透明なシーズンに、レッドブル・ホンダF1は、コンストラクターの世界選手権でメルセデスを26ポイント引き離し、強い立場に立った。

また、マックス・フェルスタッペンは、F1アゼルバイジャンGPのシーズン初めてのリタイアを喫したが、ドライバーズ選手権でルイス・ハミルトンを4ポイント上回っている。

どんな段階でも、特にシーズンが進む後半に前に立つことは常に利点だが、特に2021年は、新型コロナウイルスパンデミックがまだ続いてカレンダーがすでに数回シャッフルされており、後半のいくつかのレースが実施されるかどうかには大きな疑問がある。

そのうちの1つ、F1シンガポールGPはすでに中止が決定している。レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがそれぞれ勝利した最近のモナコとバクーのように、チームがパフォーマンスを発揮する傾向があるタイトで曲がりくねったストリートサーキットであるそれは後退だと考えている。

ヘルムート・マルコは、それは開発プログラムの「重要な変更」だと Auto Motor und Sport に語る。

レッドブル・ホンダF1は、状況に応じてプログラムを変更できる柔軟性を備えているが、先週末のF1シンガールGPのキャンセルによって計画を調整しなければならなかった。

「シンガポールGPの消滅は、マシンの開発を考えると決定的な変化だ」

「シンガポールには、他とはまったく異なる何かが必要だ。残りの遅いコースはブダペストだけだ。しかし、それはシンガポールほど極端に遅いわけではない。我々の開発がそれに応じて前もって計画するのに間に合うようにキャンセルが来たことを神に感謝する」

「もちろん、シンガポールは我々にとても合ったコースだっただろう。でも、仕方ない」

F1は、チャンピオンシップの最適の整合性を確保するために、今年の23戦のカレンダーを保持することを熱望している。そ次のステップは、第7戦F1フランスGPだ。

「フランスも、他のどこにも見られない路面と特別な一連のコーナーを持つ非定型的なトラックだ」とヘルムート・マルコは付け加えた。

「我々はどこでも最速でなければならないという姿勢でそこに行く。バクーやモナコ、その他のサーキットで我々は最速のマシンを持っていた。通常、我々の方がより高速なパッケージがある」

「しかし、我々はたった4ポイント先にいるだけだ。それは我々の強さを反映していない」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1