「レッドブル・ホンダF1にはより多くのパワーとグリップが緊急に必要」と元F1ドライバー
マックス・フェルスタッペンが2021年のF1ドライバーズ選手権でルイス・ハミルトンと戦うのであれば、レッドブル・ホンダF1は“パワートグリッドを高める必要がある”と元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは語る。

先週末のF1スペインGPでマックス・フェルスタッペンは2位でフィニッシュ。これは今シーズンで3回目の2位となる。だが、前戦F1ポルトガルGPと同じように今季2勝目を手にするための十分な余裕はなかった。

レース後、レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、決勝でメルセデスF1の方が速いマシンを持っていることを認めており、マックス・フェルスタッペンは、ルイス・ハミルトンが2ストップ戦略に移行した後は“いいカモ”だったと語っている。

F1スペインGPの週末を振り返ったマーティン・ブランドルは、セルジオ・ペレスの奮闘に加え、レッドブル・ホンダとマックス・フェルスタッペンがメルセデスと戦うためには改善が必要な部分があると強調した。

「ペレスが少し遅れて、メルセデスがサイコロを振って、ルイスがフェルスタッペンとの23秒のギャップを埋め、途中でチームメイトのボッタスを追い抜かなければならないことはそこまで問題にならないことが想定できた」とマーティン・ブランドルは Sky Sports のコラムに書いています。

「ボッタスはそれほど役に立たなかったが、ハミルトンにはペースがあり、最終的にはフェルスタッペンに対して快適な勝利だった」

「レッドブルは、シンプルにフロントでトラックポジションをあきらめるリスクはないと感じていた。メルセデスは2位と3位だったので、いずれにしろ失うものは何もなかった。フェルスタッペンは最終的に60周目にソフトタイヤを使用して、慰めとしてファステストラップのチャンピオンシップポイントを獲得した」

「2021年のここまでで3勝を挙げて94ポイントは、ハミルトンの史上最高のスタートであり、ライバルにとって不吉だ。彼はきらびやかな姿を見せており、レッドブルはマックスとペレスが戦いに参加するために、より多くのパワーとグリップを緊急に必要としている」

「現在、ボッタスは、ペレスがハミルトンから奪うよりも、フェルスタッペンからポイントを獲得する可能性が高く、それが重要になる可能性がある」

「ピエール・ガスリー、アレクサンダー・アルボン、そして、現在のペレスは、すべて比較的もがいており、レッドブルはフェルスタッペンの好み、ドライビングスタイル、そして、手ごわいマシンのコントロールに高度に調整されているようだ。セルジオの頭はより賢く、経験豊富かもしれませんが、彼が本質的な役割を果たし、崩れないようにするには、そのすべての要素に頼る必要がある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1