レッドブル・ホンダF1 「ペースは見た目よりもはるかに悪い」 / F1スペインGP 金曜フリー走行
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、バルセロナの金曜日のペースは見た目よりも“はるかに悪い”と語る。

マックス・フェルスタッペンは、F1スペインGPの金曜フリー走行を9番手タイムで終了。チームメイトのセルジオ・ペレスも10番手タイムと振るわなかった。

マックス・フェルスタッペンにとって問題のひとつは、縁石にぶつけて損傷したフロントウイングだ。

「今ではスペアパーツがきつくなってきている」とヘルムート・マルコは ORF に語った。

「しかし、週末にかけてそのフロントウィングは修正できると思う。我々にとって状況はそれよりもはるかに悪いように見える。再び教祖相手と同じレベルになることを期待している」

「我々はまだいくつかの小さなことを理解する必要がある」

フェルナンド・アロンソを含む多くのF1パドックの人物は、ルイス・ハミルトンが明らかにこれまでのところ2021年の傑出したドライバーであると主張しているが、ヘルムート・マルコはマックス・フェルスタッペンはタイトルを獲得できると考えている。

「彼は人として、そして、ドライバーとして非常に成熟しており、タイトルのために戦う強さと神経力を持っています」とヘルムート・マルコは語った。

だが、ヘルムート・マルコは、ルイス・ハミルトンの走りに大きな敬意を払っていると語る。

「彼(ハミルトン)は自分を超えることができる信じられないほど強いドライバーだ。だが、彼は無敵ではない。しかし、彼はチャンスを待つことができるのを見ることができる」とヘルムート・マルコは語った。

「マックスは、気質的な性格を持っていると言わざるを得ません。別の言い方をすれば、よりせっかりだ。現在、それはハミルトンが有利なことを示している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1スペインGP