レッドブルF1 「打診があればポルシェとの提携の可能性を検討する」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2025年に独自のF1エンジンを開発する計画だが、ポルシェもしくはアウディから打診があれば、提携の可能性について検討すると語る。

レッドブルF1は、2021年末でF1から撤退するホンダのF1パワーユニットを引き継ぎ、2022年から独自にエンジンプログラムを運用。そのための新会社レッドブル・パワートレインズを設立し、メルセデスHPPでエンジニアリング責任者を務めていたベン・ホジキンソンを引き抜いた。

だが、メルセデスF1はベン・ホジキンソンをできる限り長期間“カーデニング休暇”で縛り付け、2022年の終わりまで合流を阻止すると報じられている。その頃にはすでにレッドブルは独自のF1エンジンプログラムを稼働していることになる。

しかし、レッドブルF1のヘルムート・マルコは、より大きな目標は2025年のまったく新しい技術規則に合わせた新しいF1エンジンを独自に開発することだと語る。

「我々の計画は、2025年に向けて自分たちでエンジンを作ることだ」とヘルムート・マルコは Auto Motor undSport に語った。

レッドブルF1が、ホンダのF1エンジンを引き継ぐことを発表する直前、フォルクスワーゲン・グループが新しいF1エンジンレギュレーション下でF1参入を検討しており、ポルシェもしくはアウディのブランドで既存チームと提携する可能性が噂された。

ポルシェまたはアウディがF1に参入した場合にそのアプローチが変わる可能性があるかと質問されたヘルムート・マルコは「その場合、協力が可能かどうかを確認する」と語った。

ヘルムート・マルコは、ミルトンキーンズの敷地内で新しいエンジン施設の建設が「本格化」していると語った。レッドブルは、フェラーリと同じくシャシーとエンジンを同じ場所で開発するF1チームとなる。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アウディ / ポルシェ