レッドブル・ホンダF1 「タイトル獲得のためにRB16Bの開発は継続していく」
レッドブル・ホンダF1は、2021年のF1世界選手権でのタイトル獲得を目指して『RB16B』の開発を継続していくと語る。

2022年にはF1史上最大のルール変更のひとつと言える技術レギュレーションが導入されることになるため、フェラーリを始めとする多くのF1チームは、早い段階で今季マシンの開発を打ち切り、2022年の次世代のF1マシンの開発にシフトしていくことになると考えられている。

しかし、今年メルセデスからF1タイトルの奪還を目指すレッドブル・ホンダF1は単純に今季マシンの開発をストップすることはできない。開幕2戦を終え、マックス・フェルスタッペンは首位のルイス・ハミルトンと1ポイント差であり、コンストラクターズ選手権でもレッドブル・ホンダはメルセデスから7ポイント差の2位につけている。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「現在、チームには純粋な熱意に満ちた雰囲気がある」と ServusTV に語った。

「しかし、チャンピオンシップは非常に長いので、我々は全力を与え続けなければならない」

ヘルムート・マルコは、レッドブルとメルセデスが非常に複雑な状況にあることを認める。2022年に向けて早い段階から集中したチームが来年以降明らかに有利になる可能性があるからだ。

「夏休み前にその問題を抱えることになるだろう」とヘルムート・マルコは認める。

「理論的には我々も2022年方マシンの開発にリソースを移すべきだ。しかし、メルセデスとレッドブルが拮抗した状況が続くようであれば、彼らも今年のマシンの開発をやめるとは思わない。我々がやめないのは確かだ」

現時点で、レッドブル・ホンダは1周の速さではメルセデスを上回っているが、レーススティントでのタイヤの保護についてはメルセデスの方が優れているとヘルムート・マルコは認める。

「少なくとも、今のところはそういう形だ。だが、全体的に見れば、今年は2つの拮抗したチームによるタイトル争いになる」

「もちろん、我々の目標はタイトルを獲得することだし、そのためには我々のすべての力が必要になる」

ヘルムート・マルコは、マシンだけでなく、ルイス・ハミルトンとマックス・フェルスタッペンのドライビングもほぼ互角であり、シーズンを通して“エキサイティング”な戦いになると予測する。

「マシンのコントロールやスピードに関しては間違いなくマックスの方が上だ。だが、ルイスには多くの経験がある。現時点ではまだどちらとも決まらない状態だ」

「しかし、マックスはすべてのレースで新たなことを学んでいる。年齢的には彼はまだ若いので、ミスを犯すこともあるだろう。だがミスはだんだん少なくなりつつある」

一方、マックス・フェルスタッペンの父親であり、自身も元F1ドライバーであるヨス・フェルスタッペンは、2021年は自分の息子が初めてメルセデスと互角に戦えるマシンを手にすることができたと考えている。

「マックスは7年前と同じようにリラックスしている。人としては、彼は変わっていない」とヨス・フェルスタッペンは f1-insider.com に語った。

「だが、F1に来て初めて、マックスはメルセデスに追いつくためにいろいろとリスクを負う必要がないマシンを手に入れた。そして、彼もそのことが分かっている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1