レッドブルF1幹部、後から空力規則に苦情のアストンマーティンF1を糾弾
レッドブルF1のヘルムート・マルコは、2021年の空力規則の変更に後から苦情を述べているアストンマーティンF1のスタンスが“完全に理解できない”と批判した。

アストンマーティンF1は、2021年の空力規則の変更がローレーキのマシンに大きな影響を与えた腹を立てており、法的措置も除外しないと息巻いている。しかし、空力変更はF1チームが満場一致で合意したことだ。

アストンマーティンF1のチームオーナーであるローレンス・ストロールと親しいメルセデスF1のチーム代表トト・ヴォルフでさえ、この問題は「今は休むべきだ」と示唆した。

「ルール変更の背後にある動機が何であったかをアストンマーティンが尋ねることは正当なことだ」とトト・ヴォルフは語った。

「おそらく対策は我々に向けられたものだと思っている。そして、アストンマーティンは巻き添え被害だ」

トト・ヴォルフはこの件の熱を和らげるために動いた。

「複数のワールドチャンピオンチームとして、我々はルールの変更についてすぐに不当だと叫びたくはない」とトト・ヴォルフは Sky Deutschland に語った。

「しかし、それはローレーキ・コンセプトのマシンにとって明らかに不利だった。チームとして、我々も劇的に失った。アストンマーティンはすでに大きくて重要なブランドであり、突然どこにもならなくなったことを考えると、彼らの不満がどこから来ているのかは理解できる」

しかし、レッドブルF1のヘルムート・マルコは、はるかに理解が少ない。

「この話は完全に理解できない」とヘルムート・マルコは語った。

「我々が支配していたとき、シーズンごとに2~3つのルール変更があった。さらに、レーシング・ポイントとアストンマーティンはこれらの変更に同意していた。この議論をまったく理解できない」

「その上、彼らは2台目のメルセデスを持っているので、メルセデスと同じように改造する必要がある。よりフラットなレーキでも成功することを目にしていると思う」

ヘルムート・マルコが言う通り、F1エミリア・ロマーニャGPでは、メルセデスF1のルイス・ハミルトンがポールポジションを獲得した。しかし、トト・ヴォルフは、依然としてレッドブル・ホンダが最速のマシンを持っていると語る。

「ルイスは本当に例外的だ」とトト・ヴォルフは ORFに語った。

「我々の現在のエキップメントはレッドブルレベルではないと思っている。ルイスはミスいを犯さないし、違いを生み出せるドライバーだ」

決勝では、珍しくミスをしたルイス・ハミルトンだが、最終的に2位表彰台まで挽回してドライバーズ選手権のトップの座を守った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アストンマーティン