レッドブルF1、タグ・ホイヤーとのパートナー契約を2024年まで延長
レッドブル・レーシング・ホンダとタグ・ホイヤーは、5シーズンの成功を収めた後、2024年までパートナーシップの延長し、伝説的なスイスの時計メーカーがチームの公式タイムキーパーを務めていることを発表した。

新しい契約の締結は2021年のF1エミリア・ロマーニャGPの前夜に行われ、チームがタイトルを獲得する準備をしている間、タグ・ホイヤーのブランドがレッドブル・レーシング・ホンダのドライバーであるマックス・フェルスタッペンとセルジ・オペレスのマシンとスーツに掲載される。

パートナーシップの延長は、スイスの高級ブランドであるタグ・ホイヤーが、50年以上のF1の遺産を継続ことを意味する。タグ・ホイヤーのモータースポーツへの情熱には、レッドブル・レーシングとの長年のパートナーシップだけでなく、モナコGPやインディアナポリス500などの象徴的なレースとのつながりも含まれている。

クリスチャン・ホーナー(レッドブル・レーシング・ホンダ F1チーム代表)
「グランプリレースの歴史の中で最も象徴的な名前の1つであるタグ・ホイヤーとの長年にわたる成功したパートナーシップを継続できることを非常に誇りに思っている。何十年にもわたって、タグ・ホイヤーは我々のスポーツの真の伝説のいくつかと関連付けられてきた。レッドブル・レーシングがその重要な遺産の一部であり続けていることを嬉しく思う。モータースポーツでは、偉大なものと良いものを区別するほんの一瞬の観点からだけでなく、勝利と敗北の違いを綴ることができる一瞬の決定の観点というからもタイミングが重要だ。タグ・ホイヤーの『プレッシャーの下でクラックしない』の精神は、そのタイミングを正しくするために必要な回復力とコミットメントを体現しており、今後数年間でより多くのレースに勝つ瞬間を作り出すことを楽しみにしている」

フレデリック・アルノー(タグ・ホイヤーの最高経営責任者)
「タグ・ホイヤーは、グランプリレースの黄金時代にまでさかのぼるF1で卓越した遺産を持っている。今日、レッドブル・レーシング・ホンダとの関係を2024シーズンの終わりまで延長することで、その物語を続けることを誇りに思う。 チームと共に、我々のミッションは、モータースポーツの驚くべき歴史と素晴らしい神秘に貢献する美しく設計されたコンセプトを通じて、究極の精度とパフォーマンスを目指して努力し続けることだ」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1スポンサー