レッドブルF1首脳 「アルボンなくしてフェルスタッペンの勝利はなかった」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、最終戦でのマックス・フェルスタッペンの勝利はアレクサンダー・アルボンの好成績なくしては不可能だったと語り、だからこそ、レッドブル・ホンダF1にとって2021年にセルジオ・ペレスのようなドライバーを起用することが重要だったと強調した。

しばらく時間がかかったら、昨シーズンの最終戦でレッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンは、ようやくメルセデスのドライバーとの直接対決を制することができた。

ヘルムート・マルコは、メルセデスF1がエンジン問題で意図的にパフォーマンスを落としていたと考えているが、それでもアレクサンダー・アルボンがレッドブル・ホンダのシーズン2勝目に貢献したと考えている。

「アルボンがいなければ、あのような形でのアブダビでのマックスの勝利は不可能だっただろう。メルセデスのドライバーのミラーにアルボンがいなければ、ドライバーを1人もしくは2人ともタイヤ交換させていただろう。だが、彼らにとってそれは不可能だった。そうすればボッタスのドライバーズ選手権2位が危険に晒されたからだ」とヘルムート・マルコは Auto Motor und Sport に語った。

しかし、アレクサンダー・アルボンがそれを実現するには非常に長い時間がかかった。結局、レッドブルF1は実際にそのようなことを続けていくわけにはいかないとの結論に至った。

「今年の最後のレースまでアルボンがメルセデスに近づくことはなかった。我々は彼らと競争できる第二の力が必要だ」とヘルムート・マルコは語った。

「彼の一貫性の欠如が決定的な要因だった。ラップごとにフェルスタッペンから0.5秒以上遅れることもあった。そうなると、ワールドタイトルを争うことができなくなる。両方のタイトルに2人のドライバーが必要だ。片方なしはもう片方も獲れない」

2020年のセルジオ・ペレスのパフォーマンスは無視することはできなかったとヘルムート・マルコは語る。

「彼のフォームカーブはシーズン後半に急上昇した。バーレーンでの勝利で、彼がどれほど速く、どれだけタイヤを節約できるかがわかった。彼は常に良い位置で自分自身を管理することができ、マシンとレースにに対して良いフィーリングを持っていた」

「さらに、彼はシーズンを通して自分自身を証明することができた。ヒュルケンベルグはそれをすることができませんでした」とヘルムート・マルコはレッドブルF1がニコ・ヒュルケンベルグではなく、セルジオ・ペレスを選んだ理由を説明した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / マックス・フェルスタッペン / アレクサンダー・アルボン