レッドブルF1、発表の10分前にヒュルケンベルグにペレス起用を通知
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ニコ・ヒュルケンベルグに2021年のマックス・フェルスタッペンのチームメイトとしてセルジオ・ペレスを起用することを発表の10分前に簡単に電話で伝えたと明かした。

2019年末にルノーのF1シートを失ったニコ・ヒュルケンベルグは、2020年のF1レギュラーシートを見つけることができなかった。

しかし、レーシング・ポイントの両ドライバーが体調不良で欠場できなかった3戦でニコ・ヒュルケンベルグは代役として参戦し、2戦でポイントを獲得。チームのコンストラクターズ選手権に貢献した。

2021年のF1復帰を目指したニコ・ヒュルケンベルグだったが、空席は少しずつなくなり、最後の望みは、アレクサンダー・アルボンにプレッシャーがかかっていたレッドブル・ホンダだけとなった。

セルジオ・ペレスとともにレッドブル・ホンダのセカンドシート候補に挙げられていたニコ・ヒュルケンベルグだったが、最終的にレッドブルF1はアレクサンダー・アルボンの後任としてペレスを選択。ヒュルケンベルグは2021年もF1でレギュラーシートを見つけることができなかった。

一時はマックス・フェルスタッペン側がニコ・ヒュルケンベルグを好んでおり、セルジオ・ペレスよりも優位に立っていると報じられていた。

しかし、ヘルムート・マルコは「我々にとって誰が我々とうまくやっていけるかは重要ではなかった」と Motorsport Total にコメント。

マックス・フェルスタッペンとニコ・ヒュルケンベルグとの良好な関係について「いいや、チームにとって誰がベストかが重要だった」と語った。

レッドブルF1は、セルジオ・ペレス、ニコ・ヒュルケンベルグ、そして、アレクサンダー・アルボンのパフォーマンスを評価し、最終的にペレスを選んだ。

ニコ・ヒュルケンベルグにどのようにその悪いニュースを知らせたのかと質問されたヘルムート・マルコは、ぎりぎりのタイミングで簡単に電話で伝えただけだったと明かした。

「セルジオ・ペレスが新しいセカンドドライバーとして発表される10分前にニコに電話をして、彼を起用しないことを伝えた」とヘルムート・マルコは語った。

また、ヘルムート・マルコは、セバスチャン・ベッテルは実際には候補として検討していなかったと認めた。

「ノー、我々が思い切ってアルボンを交代することを決断したとき、ベッテルはもう市場に出ていなかった」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ニコ・ヒュルケンベルグ