F1マシン分析:レッドブル・ホンダ、シャシー性能ではメルセデスに肉薄?
パッケージ全体ではメルセデス W11はレッドブル・ホンダ RB16よりも大幅に優れている。しかし、パワーユニットを差し引いて、空力とシャシーを比較すれば、そこまでの差はないと Motosportweek は分析する。

スリリングなレースとなったF1トルコGPでは、ルイス・ハミルトンが記録的な7回目のF1ワールドチャンピオンを勝利という形で手に入れた。

一方、レッドブル・ホンダは、金曜日と土曜日には有望そうに見えていたため、失望に耐える週末となった。

ドライバーとピットクルーの一連のミスにより、レッドブル・ホンダ RB16は良い結果を得ることができなかった。イスタンブール・パークでのレース展開を考えれば、マックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンにとって勝利は手の届く範囲にあった。

これまで全てのセッションとコンディションで優位に立っていたメルセデスだったが、F1トルコGPでは決してトップフォームとは言えない週末だった。新舗装された路面と低い気温では、レッドブル・ホンダ RB16のシャシーが輝きを見せてポテンシャルを発揮する時間を与えられた。マックス・フェルスタッペンは3回のフリープラクティスセッションのすべてでトップに立った。

エイドリアン・ニューウェイが設計したマシンのパフォーマンスと、タイヤを正しいウインドウに入れるマックス・フェルスタッペンの能力により、レッドブル・ホンダ RB16は空力とシャシー性能の両方でその品質を強調した。最終的にルイス・ハミルトンが勝ったとはいえ、他のグランプリのようにメルセデスの支配を許さなかった。

エイドリアン・ニューウェイと彼のチームがレッドブル・ホンダ RB16で行った作業が、空力荷重をタイヤに最適に伝達し、トレッドをすばやく暖め、最適なグリップを実現できることは明らかだ。マルチリンク式の下部三角形を備えたフロントサスペンションは、解読するのが難しいピレリのタイヤで、ゴムに過度なストレスをかけてデグラデーションを悪化させることなく、適切な作業ウィンドウをすぐに見つけるというエンジニアリングチームのマニアックな研究の明確な例だ。
レッドブル・ホンダ RB16 フロントサスペンション
気温が低く、雨で滑りやすいアスファルトは、F1パワーユニットの性能が空力的なダウンフォースやシャーシの効率よりも優勢でない状況で、メルセデスとレッドブルの間の性能を平準化することができた。

この点で、空力とシャーシの観点から、レッドブル・ホンダ RB16とメルセデス W11が同じレベルにあるが、そこにパワーユニットを加えた全体的のパッケージとしてメルセデスはレッドブル・ホンダよりも大幅に優れている。

メルセデスのF1パワーユニットはライバルよりも優れているのは明らかであり、ホンダがF1を離れることが決定している2021年も最高のままだろう。

エイドリアン・ニューウィは、可能な限りRB16にアップデートを投入し続けており、F1トルコGPでも技術ニュースに事欠くことはなかった。

新型ノーズのケープは変更され、フレームの下部に空気を取り込むためのスロットとして機能する小さな空力ブローが導入された。昨シーズンとは非常に異なる狭いノーズは、ここ数年メルセデスの哲学であったものに近い。
レッドブル・ホンダ RB16 フロントノーズ
また、F1トルコGPでは、ウェイストゲートエキゾーストの新しい配置が導入され、週末を通して両方のドライバーが継続して使用した。新しい仕様では、中央のエキゾーストの側面の低い位置に移動されている。昨年、RB15ではウェイストゲートエキゾーストを上部に持つ古い構成が採用されていた。
レッドブル・ホンダ RB16 ウェイストゲート

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス