レッドブルF1首脳、ニコ・ヒュルケンベルグの契約ジョークに笑顔で反応
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、2021年のレッドブル・ホンダのドライバー候補に挙げられているニコ・ヒュルケンベルグが今週初めに発したジョークに笑顔で反応した。

苦戦しているアレクサンダー・アルボンの後任候補として名前が挙げられているニコ・ヒュルケンベルグは、今週、レッドブルが所有する Servus TV に出演し、「新しい契約にサインした」と語った。

「住宅ローンだけどね」とニコ・ヒュルケンベルグは笑った。「良いリターンを得られることを願ているよ」

レッドブルのドライバープログラムの責任者であるヘルムート・マルコは、来月のF1アブダビGP後にアレクサンダー・アルボンの将来について決断を下すと語っている。

ニコ・ヒュルケンベルグの契約ジョークについて、ヘルムート・マルコは「典型的なドイツ人のユーモアだ」と Auto Bild に笑顔で語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / ニコ・ヒュルケンベルグ