レッドブルF1首脳 「マックス・フェルスタッペンは攻撃を待つべきだった」 / F1トルコGP
レッドブルF1のヘルムート・マルコは、F1トルコGPの決勝での走りについて珍しくマックス・フェルスタッペンを批判した。

予選でランス・ストロールに敗れて2番グリッドからスタートしたマックス・フェルスタッペンは、蹴り出しで後れをとったが、すぐに3番手まで挽回。さらなるポジションアップを目指してセルジオ・ペレスと戦っていた。

しかし、まだ大量の水しぶきが上がる路面でセルジオ・ペレスに近づきすぎたマックス・フェルスタッペンはスピンを喫してタイヤにフラットスポットを作り、タイヤ交換を余儀なくされた。

元レッドブルのF1ドライバーであるロバート・ドーンボスは、イスタンブールでのマックス・フェルスタッペンのパフォーマンスは“F1カーでの彼の最悪のパフォーマンスのひとつ”だと語った。

「彼は予選で起こったことを乗り越えることができなかったんだと思う」とロバート・ドーンボスは Ziggo Sport に語った。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコでさえ、珍しくマックス・フェルスタッペンを批判した。

「マックスとアレックス(アルボン)はタイヤに要求しすぎていた。ルイス(ハミルトン)やセルジオ(ペレス)のよな経験方法なドライバーはそうではなかった」とヘルムート・マルコは Sky Deutschland に語った。

「マックスは、ストロールが先頭で引き離していくのを見ていた。当時、オーバーテイクはほぼ不可能だった。彼はペレスに対してもっと忍耐を示すべきだった」

だが、マックス・フェルスタッペンは、決して予選を引きずってはいなかったと語る。

「日曜日まで引きずることはなかったけど、予選2番手は残念だった」とマックス・フェルスタッペンはコメント。

さらにはセルジオ・ペレスをパスしようとした際のスピンがスタートでの出遅れを補うための必死さによって引き起こされたとの見方も否定している。

「あそこで彼をオーバーテイクしたいとさえ思っていなかった」とマックス・フェルスタッペンは語った。

「焦りすぎたわけではない。その場でできることは何もなかった。彼の後ろについていきたいとは思っていたけど、突然コースから外れた。それでほぼ終わりだった。その後はほとんどの時間を小さなトレインに閉じ込められてしまった」

マックス・フェルスタッペンは、レース後にフロントウイングが左右で7度もずれていたことが判明したと語る。

「フロントウィングの調整が完全に間違っていたことが判明した。一方の側では、フロントウィングのセットアップが本来あるべきものよりも7度足りなかった。実際、それはかなり大きい」

「通常、あちこちで1度くらい調整をする。でも、7度はかなりだ。そうなるとドライバーとして何ができる? その結果として、ほとんど何も機能していなかった」

「アスファルトの状態も馬鹿げたものだった。そして、このフロントウィングのセットアップによって、ドライバーとしてできることはあまりなかった」



このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1トルコGP / マックス・フェルスタッペン