レッドブルF1、ポルシェとF1エンジン供給について交渉との報道
ホンダのF1撤退を受け、レッドブルがポルシェとF1エンジン供給について交渉を行っていると F1 Insider が報じている。

ホンダのF1撤退により、レッドブルは2022年のF1エンジンサプライヤーを探さなければならなくなったが、オーナーであるディトリッヒ・マテシッツはメルセデスとの協力を望んでおらず、過去に喧嘩別れしたルノーとの再会も問題外だとされている。

そんな中、F1 Insider は、レッドブルがポルシェとF1エンジン供給について交渉していると報道。だが、ポルシェは2022年からの参入は望んでいないとしている。

親会社のフォルクスワーゲンのCEOであるヘルベルト・ディースは、F1が2023年から導入を計画している“合成燃料”を採用すれば「フォーミュラEよりもはるかに刺激的で楽しい技術競争」になると語っているが、実際にはエンジン規則が変更される2026年まで参入を待ちたい考えだとされている。

そこで囁かれているのが、レッドブルがホンダF1から知的財産権を買収して、独自にエンジンを開発していくというアイデアだ。

元F1ドライバーのラルフ・シューマッハもレッドブルは既存のホンダのF1エンジンで延命すべきだと提唱するひとりだ。

「これからレッドブルは新しいエンジンパートナーを見つける必要がある。だが、メルセデスは不可能だ。少なくともまだそこにはリレーションはない」とラルフ・シューマッハは Sky Sport News に語った、少なくともまだ関係はありません。

「ルノーにも同様の問題がある。彼らもその件について完全に満足していたとは思わない。シリル・アビテブールがアルピーヌの新しいCEOになった今、彼は完全に競技プログラムを担当するので難しいだろう。しかし、もちろん、まだ2021年の終わりまでエンジンはある」

「実現可能なオプションは、独自のエンジンを作ることかもしれない。レッドブルにはそのパワーと可能性があり、その場合、ホンダのパートナーとして、コントロールし、すべてのことを続けることができるはずだ」

「2021年の終わりから、エンジンは多かれ少なかれ凍結される。それまではホンダも全開で進めるだろう。来年はワールドチャンピオンを戦いたいと思っているはずだからね。その観点からすれば、それも代替案になる可能性がある」

また、ラルフ・シューマッハは、F1でエンジンメーカーが減少することは心配していないとして、フォルクスワーゲンとポルシェが噂を2025年にも現実になることを願っていると語る。

「メルセデスは何があってもF1の一部であり続けるだろうし、クライアントのためにエンジンを製造するだろう」とラルフ・シューマッハは語る。

「誰もがそれを望んでいる。マクラーレンは来年メルセデスのエンジンを手に入れる。だが、ルノーが素晴らしい仕事をしていることも認めなければならない。だから、メーカーが足りなくなるというリスクはないと思う」

「いつか、2025年もしくは2026年に、フォルクスワーゲンとポルシェが戻ってくるという噂がある。もちろん、そうなれば素晴らしいことだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フォルクスワーゲン / ポルシェ