レッドブルF1代表 「予算上限で一部スタッフは新プロジェクトに異動」
レッドブルF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1の予算上限の影響を受けるレッドブルのスタッフはすでに新しいプロジェクトに取り組んでいることを明らかにした。

2021年に1億4500万ドルの予算上限が導入されることは大規模な予算を費やしてきたマニュファクチャラーは人員削減を強いられており、一部の従業員をそれぞれの会社の他のエリアに割り当てることを余儀なくされている。

レッドブルは、様々な業界やスポーツにわたって多くの活動に携わっており、必要に応じてスタッフに再配置する機会を提供している。

また、F1チームは、2021年1月から6月までの6か月間でスタッフを再配置するための“ソフトランディング”期間を提供するというフェラーリの要求から恩栄を受けた。

レッドブルF1のチームを務めるクリスチャン・ホーナーは、このプロセスはすでに形になっていると説明した。

「主にフェラーリ、特に彼らの雇用法に適応させるメカニズムであったと私は思う」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「しかし、我々はこれらのレギュレーションを必然的に深く掘り下げており、当然ながら、すでに予算上限を下回って運用しているチームよりも、トップ3チームははるかに大きな影響を与えていると思う」

「我々にとってエキサイティングなことは、外部クライアントと培ってきた間もなく発表されるプロジェクトを検討することだ。このプロジェクトでは、様々なカテゴリでさまざまな作業、さまざまな作業ストリームに取り組んでいく」

「もちろん、我々は過去4年間でアストンマーティン ヴァルキリーを設計してきた。我々はF1で獲得したスキルと才能を他のプロジェクトで活用できる他のオプションを検討している」

「明らかに、これらのレギュレーションはチームに根本的な影響を及ぼす。もちろん、2021年の場合は特にフェラーリが強く求めたソフトランディングはそのクッションとなる」

“ソフトランディング”を提唱したフェラーリF1のチーム代表を務めるマッティア・ビノットは「予算上限額の引き下げについて議論した際、フェラーリとして、我々は新しい金額、新しい予算上限がチーム組織とメンバーという点で大幅な削減を意味することをうるさく主張したのは確かだ」と説明する。

「我々は社会的責任を非常に強く感じており、それが人々に向けて間違った動きであると感じていると述べた。新型コロナウイルスのパンデミックによるこのような厳しい時期に人々が仕事を失うのは間違っていた」

「つまり、我々が単純に求めたのはソフトランディングだった。我々自身がそれを求め、それを取得した。会社として、社内の他の仕事に人員を再配置するメカニズムだ」

「単純に、それは我々に6か月の時間を与えた。私は正直でなければならない。我々はもう少し多くを求めたが、それは妥協だった。さまざまな職種の人々を再配置することができるように年末から6か月の時間を手に入れた」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アルファタウリ