レッドブルF1、1段階柔らかいタイヤ選択に不満 「まったく役に立たない」 / 70周年記念GP 初日
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、ピレリがF1イギリスGPよりも柔らかいタイヤを選択したことは“役に立たない”と不満を抱いている。

ピレリは、同じサーキットでの2週連続開催を退屈なものにしないために2つのレースでタイヤ選択を変えて、今週末の70周年記念GPには1段階柔らかいコンパウンドを選択している。

結果、金曜日のフリー走行1回目は全ドライバーがソフトタイヤだけを使用。フリー走行2回目にもミディアムはできるだけ温存された。

「ソフトタイヤは役に立たないほど優れていた」とヘルムート・マルコは Motorsport-Magazin.com に語った。

それはマックス・フェルスタッペンとアレクサンダー・アルボンは、フリー走行2回目に長い間ピットにいた理由でもある。

「それが、我々がもう走らなかった理由だ」とヘルムート・マルコは語った。

フリー走行2回目にはルノーF1のダニエル・リカルドがマックス・フェルスタッペンを抑えて3番手タイムを記録したが、ヘルムート・マルコはなぜルノーF1がハードタイヤを使い、ダニエル・リカルドがシルバーストンで長く走行を続けていたのか理解できないと語る。

「ルノーがすでにハードタイヤですでに運転を始めた理由がわかりらない」とヘルムート・マルコは語る。

「それらはレース中に非常に貴重であることが証明されているはずだ」

今週末もメルセデスは圧倒的な速さをみせており、レッドブル・ホンダF1にとっては彼らに再びトラブルでも起きない限り、孤独なレースになることが予想されている。

関連:F1 70周年記念GP フリー走行2回目:ハミルトン首位でメルセデスが大差。レッドブルF1のフェルスタッペンは4番手

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1イギリスGP / ピレリ