レッドブル・ホンダF1 「メルセデスは予選ペースで何かをやっている」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスがレースよりも予選がはるかに速い理由を理解しようとしていると語る。

先週末のF1イギリスGPでは、ポールポジションを獲得したルイス・ハミルトンに対して、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは1秒の差をつけられた。しかし、レースでのペース差はそこまで大きくはなかった。

一説では、メルセデスのF1エンジンは非常に強力な予選モードを備えているとされ、ピーク時には1020馬力を超えていたと報じられている。それに対し、ホンダのF1エンジンは28馬力劣っていると測定されている。

「彼らはレースのさまざまな部分を管理していたと確信している。しかし、我々には彼らが何かをやっているというかなり良い兆候を得ている」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「彼らには明らかに非常に優れたクルマを持っているが、レースでは我々はおそらく平均して0.3~0.4秒以内にいたと思う。そして、今、我々の課題は、特にこのような会場でそのギャップをさらに減らすことだ」

「現在、我々が理解しようとしていることはメルセデスの予選アドバンテージだ。メルセデスは、シングルラップでかなり素晴らしいペースを持っている。FP3とQ1とQ3の間で彼らは劇的にステップアップできるあることがわかっている」

「とにかく、我々はそのパフォーマンスがどこから来ているのかを理解することを目指している」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス