レッドブルF1代表、アルボンのレースエンジニア交代の理由を説明
レッドブルF1のチーム代表クリスチャン・ホーナーは、F1イギリスGPに先立ってアレクサンダー・アルボンのレースエンジニアをマイク・ラッグからサイモン・レニーに交代した理由を説明した。

サイモン・レニーは、2014年から2018年までダニエル・リカルドのレースエンジニアを務めていた。それ以前はマーク・ウェバーを担当していた。

しかし、2018年以降、レッドブルF1はレイモン・レニーをファクトリーのシミュレーターエンジニアグリープのリーダーに任命。そのため、2019年以降のドライバーであるピエール・ガスリーとアレクサンダー・アルボンのエンジニアはマイク・ラッグが担当していた。

サイモン・レニーをアレクサンダー・アルボンのレースエンジニアとして現場に復帰させることを決定した理由についてクリスチャン・ホーナーは次のように語る。

「サイモンは長い間チームに在籍しており、彼はレッドブル・レーシングでの全体でマーク・ウェバーとダニエル・リカルドのレースエンジニアを務めてきた。サイモンは2018年に自ら選択してピットウォールを離れ、ファクトリーベースの役割を引き受けた。過去数年、彼はそれに取り組んできた」

「だが、我々が現在マシンに抱えている問題と、アレックスも経験の浅いドライバーであるため、我々はアレックスと働いていた比較的経験の浅いレースエンジニアにそのプレッシャーを負わせるのは不公平だと感じた。そのため、我々は残りのシーズンでサイモンを最前線に戻すことにした。マイクは我々と契約を結んだままだ」

「我々がこのマシンを積極的に開発している間、その経験と知識はアレックスを助けるだけだ。マシンに乗るたびに少し違ったことを理解しなければならないからね。サイモンのような経験豊富な人材は彼にとって間違いなくポジティブだと思う」

また、アレクサンダー・アルボンのパフォーマンスについて質問されたクリスチャン・ホーナーは、彼を批判するのは間違っていると語る。

「アレックスには何等かの理由で批判があったと思うが、ある意味でそれは不当で不公平だと思う。オーストリアでの開幕戦を見れば、戦略を通して彼は間違いなくあのレースに勝てる立場にあったが、ルイスに追い出された。次のレースでは4位、その次のレースでは5位でフィニッシュしている」

「我々はドライバーに提供している今年のマシンが最適化されておらず、いくつか難しい特性を持っていることを把握している。経験の浅いドライバーにとって、彼は1年しかF1経験がないなかで、それは厳しい判断だ」

「だが、彼が状況に対処し、プレッシャーに対処している方法は印象的だ。彼には時間が必要だと思っている。我々はできる限り彼をサポートするためにベストを尽くしており、現在、彼が仕事をしているレースエンジニアの経験などのようなことはそれを調和させていくだけだ」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / アレクサンダー・アルボン