レッドブル・ホンダF1 「ハンガリーGPにむけてハングリー」
レッドブル・ホンダF1のチーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、チームは2020年のF1世界選手権 第3戦 F1ハンガリーGPで結果を出すことに“ハングリー”だと語る。

開幕2戦を終えたレッドブル・ホンダF1にとっての結論は明らかだ。できるだけ早くにメルセデスF1に追いつくために懸命に努力する必要がある。

クリスチャン・ホーナーは、開幕2戦で有用なデータを収集することができると語る。

「開幕2戦の結果とフィードバックにより、特定のエリアをターゲットにすることができ、それに応じてアップデートを調整することができた」とクリスチャン・ホーナーはレッドブル・ホンダF1の公式サイトで語った。

「我々はレースをするためにブダペストに向かう。そして、我々の焦点はコース上にある」

レッドブル・ホンダF1のチーフエンジニアを務めるポール・モナハンは、メルセデスF1とのギャップを評価して次のように語る。

「メルセデスよりもどこが遅いかについては見ればわかると思う。どこでも少しずつ遅いし、我々にはやらなければならないことがある」とポール・モナハルは語る。

「彼らのエンジンはかなり強いし、、マシンは強い。彼らを捕らえるのは大変な挑戦になるだろう。我々にそれができるかどうか見てみよう。乗り越えられないわけではない。不可能ではない。」

今週末のF1ハンガリーGPは、タイトで曲がりくねったハンガロリンクで開催される。レッドブル・リンクの低速コーナーではレッドブル・ホンダはメルセデスよりも優勢だったため、有利に働く可能性がある。

「ハンガリーは別の種類のサーキットだ。取るに足りない多くのツイスティなコーナーがある。コーナーのスピードはレッドブルリングよりも低く、それらはすべて同じスピードだ」」とポール・モナハンは付け加えた。

「我々は自分たちを奮い立たせ、可能な限りマシンをアップデートし、そこに行き、彼らとまともな戦いをして、願わくば倒したい」

クリスチャン・ホーナーは、F1ハンガリーGPでレッドブル・ホンダF1が競争力を発揮できることを期待しているが、メルセデスF1がハンガロリンクで好成績を収めていることも承知していると語る。

「ハンガリーを楽しみにしている。異なるサーキットであり、レッドブル・リンクよりもテクニカルだ。我々にとってチャンスとなるだろう」とクリスチャン・ホーナーは語る。

「近年、メルセデスは好パフォーマンスを発揮しているが、昨年はマックスがホンダのF1エンジンでポールポジションを獲得している。興味深い週末になるだろう」

「いずれにしろ、我々はハングリーだ」

関連:2020年 F1ハンガリーGP テレビ放送時間&タイムスケジュール

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1ハンガリーGP