セルジオ・セッテ・カマラ、復帰したレッドブルF1との契約を説明
レッドブルF1チームにリザーブドライバーとして復帰したセルジオ・セッテ・カマラが、チームとの契約内容を説明した。

ブラジル出身のセルジオ・セッテ・カマラは、一度レッドブルのジュニアプログラムを外されている。その後、マクラーレンのリザーブドライバーを経て、2020年に再びレッドブル・ファミリーに戻ってきた。

昨年のF2選手権で4位で終えたセルジオ・セッテ・カマラは、実力でチャンスを得たいと考えており、レッドブルにはアルファタウリ・ホンダの2つのシートを含めた4つの管理可能なF1シートがあることで、F1に到達する可能性が最も高いと考えたと語る。

「2つのチームのいずれかで前に進みたい場合、レッドブルにはいくつかの選択肢がある」とセルジオ・セッテ・カマラは Globo に語った。

「オープンな契約だ。プラクティスセッションの数を規定する契約を結んでいる場合、それはドライバーまたは彼のスポンサーがチームにお金を払ったことを意味する。僕に関しては状況はそうではない」

「チームはドライバーとして僕に興味を持っており、もっと興味があれば、より多くの機会を与えてくれる。それはまさに僕が求めていた契約だった」

「ただお金を払ってマシンに乗りたくない。ドアをオープンにしておくために、シミュレーターまたはスーパーフォーミュラのいずれかでパフォーマンスを発揮したいと思っている。マシンにの乗せたい人を選ぶのはチームだ」

「僕にとって、これがF1で関わる上でレッドブルが最も興味深いチームの1つになっている理由だ」

「彼らには2つのチームまたは4台のマシンがあり、他のいくつかの小規模なチームとは異なり、それらのマシンに誰が乗るかを制御できる」

今年、セルジオ・セッテ・カマラはレッドブルの長年の仲間であるセバスチャン・ブエミとリザーブドライバーと開発の仕事を分担する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / アルファタウリ