レッドブル・ホンダF1 「全10チームが存続できるかはわからない」
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、F1は十分な資金があるため新型コロナウイルスによる金融危機を乗り越えることができるが、現在グリッドに並ぶ全10チームが存続できるかどうかは疑問に思っていると語る。

これまでオーストラリアと中国の2つのレースが中止となり、バーレーン、ベトナム、中国、オランダ、スペイン、バクーは延期された。レースをすることができず、劇的にレース数が減少されることが予想されることで、F1は大きな収益を失うことになると考えられている。

F1チームはお金を節約するためにできる限りのことをしており、2021年も今年のシャシーのレースをすることに合意するし、空力開発は許可されるが、サバイバルセルのような他のコンポーネントの凍結も検討されている。また、新しい技術規制を2022年に延期することを決定。2022年に新レギュレーションの開発を禁止している。

それでも、ウィリアムズなどのすでに生き残りをかけている小規模チームチームを救うには不十分な可能性もある。

レッドブル・ホンダのF1チーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、小規模なチームを存続させるためにできることは、残りのチームの対応次第であると語る。

「F1は非常に強力なビジネスであり、非常に大きな遺産を受け継いでいる。F1はこれに耐えられる」とクリスチャン・ホーナーは BBC Sport に語る。

「だが、すべてのチームがこれを乗り切るかどうかは別の問題だ。スポーツの利益のために行動することはすべてのチームリーダーの責任である。10チームすべてが反対側に到達できるように全力を尽くす必要がある」

「2008年との違いは、当時はまだレースをしていて、カレンダーがあり、イベントがあったことだ。問題をより明確に見ることができたが、現在の我々はより盲目だ」

「我々が再びレースを始めるのはいつになるのか? それは別のシナリオだ。2008年にはプレッシャーがあり、当時の部屋にいた人々(ロン・デニス、フラビオ・ブリアトーレなど)はスポーツの利益について考えていた。現時点では、それを共同で行うことが重要だ」

「現在、世界は別の場所にいる。もちろん、収益は非常に大きな打撃を受ける。F1にどれほどの打撃を与えるかはまだわからない」

「すべてのチームが責任を持って集団的に対応してきた。明らかに、一部のチームは他のチーム、特に小規模なチームよりも露出度が高いし、できる限りF1コミュニティを保護するために最善を尽くすことが重要だ」

新型コロナウイルスによる経済危機は、F1のオーナーであるリバティ・メディアにも影響を与えている。

先月、ナスダックのフォーミュラワン・グループの株価(FWONK)は急落。2020年1月の時点では45.65ドルだった株価は、3月16日に20.51ドルまで下落。これは2016年6月の18.09ドルに次ぐ最低額だ。

だが、クリスチャン・ホーナーは、F1自体の存続は心配していないと語る。

「正直に言うと、リバティ・メディアの構造は非常に複雑であり、所有者であるLive Nationもイベントビジネスに影響を与えているとしか想像できないだろう」

「しかし、彼らにも十分な資金がある。そして、彼らは常にこれについて長期的な見方をしている。スポーツを継続するために必要なことは何でもしてくれると思っている」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1