F1:生化学者、レッドブルF1首脳を猛批判 「人の命を弄んでいる」 / 新型コロナウイルス
生化学者は、レッドブルのドライバーたちを意図的に新型コロナウイルスに感染させて免疫力をつけるために合宿を組もうとしたヘルムート・マルコを“人の命を弄んでいる」として非難した。

今週、ヘルムート・マルコは、新型コロナウイルスが世界的に大流行するなか、レッドブルの4名のF1ドライバーとジュニアドライバーのために合宿を組もうとしていたことを ORF に語って騒動を引き起こした。

「小さなサークルでのみ議論された」とヘルムート・マルコは語った。

「精神的にも肉体的にも時間をつなぐことができるキャンプになるだろう」

ヘルムート・マルコは、マックス・フェルスタッペンのようなドライバーが“若くて強くて健康”である間に新型コロナウイルスに感染するなら、それが“理想的だ”と言った。

「そうすれば、彼らは世界選手権のために良い準備が整うだろう」とヘルムート・マルコは語った。

だが、マックス・フェルスタッペンは、新型コロナウイルスに感染することを「恐れている」とヘルムート・マルコは語っている。

「そのアイデアはあまり非常に積極的に受け取られなかったと言っておこう」

マーストリヒト大学で働く生化学者Douwe de Boerは、“人の命を弄ぶ”ことを考えていたとしてヘルムート・マルコを批判した。

「これは医学的倫理的な議論であり、チームの上司が彼の従業員の健康を危険にさらすようなことを考えるべきではないと私は思う」

報道によると、Douwe de Boerは現在マーストリヒト病院で新型コロナウイルス患者の臓器機能の研究に関与しているという。

「新型コロナウイルスは通常のインフルエンザよりも予測不可能です」とDouwe de Boerは語る。

「自分のドライバーに対する免疫を望んでいるというマルコの考えを理解できる。政府は集団免疫について話しており、マルコは自分のドライバーだけを考えている」

「しかし、新型コロナウイルスに関しては、健康な若者も深刻な病気になり、死に至ることもある」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル