レッドブル・ホンダF1 「フェラーリとFIAとの秘密の合意への追及はやめない」
レッドブル・ホンダF1は、FIA(国際自動車連盟)とフェラーリとの間で結ばれた“秘密の和解”の真相を究明するための動きを放棄するつもりはないと語る。

新型コロナウイルス危機がF1界を混乱に陥れる以前、非フェラーリ系の全7チームは、2019年のF1エンジンの合法性について“秘密の和解”に達したフェラーリとFIA(国際自動車連盟)に対して法的措置を脅かしていた。

レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは「残念ながら、現時点では他のことを扱っている」と f1-insider.com に語った。

「しかし、それが通常に戻ったら、我々はFIAとフェラーリに関することをあきらめるつもりはない」

ヘルムート・マルコは、トト・ヴォルフとメルセデスがFIAとフェラーリの合意への反対から突然撤回したことにも言及した。

「我々にはフェラーリあるいはFIAを傷つけようという意図はない。だが、我々はあの奇妙な秘密合意がどのようないきさつでまとめられたのか、その完全な説明を引き続き求めていく」

「たとえメルセデスがいなくてもね。最初は彼らがこの機関車の運転席にいたが、どういうわけか列車から飛び降りてしまった」

暗号化技術を駆使した新たな燃料流量計で“偽信号”による不正を防止
2020年のF1世界選手権にむけてFIA(国際自動車連盟)が導入する新たな2つ目の燃料流量計は、フェラーリが昨シーズンに使用したと疑われているトリックを防ぐために設計されている。

2014年以降、F1チームはマシンに燃料流量計を取り付けることが義務図けられている。これにより、パワーユニットが1時間あたり100kgを超える速度で燃料を消費しないようになっている。だが、昨年、一部のチームは、フェラーリが制限を超える手段を見つけたと疑い始めた。

ある理論では、フェラーリは、予選ラップなどで必要なときに燃料をより高いレートで供給することができる「エイリアシング(偽信号)」として知られるシステムを開発したと考えた。

燃料流量計は、1秒あたり2200回と非常に迅速に流量を測定する。ただし、チームがメーターに理論的には実際よりも遅い速度で流れているように見せかけ、燃料を正確な方法で供給しているようごまかせる可能性が残っていた。

ある技術者は、エイリアシングから得られる潜在的なパワーは50馬力に達する可能性があると推定ている。

昨年、レッドブル・ホンダは、FIAにチームがそのようなテクニックの使用を許可されているかどうかを明確にするように依頼した。FIAは、アメリカGPに先立ち、それが違法であると述べた技術的指令を発行することで対応した。その週末にフェラーリの以前のストレートスピードの優位性は低下したように見えた。

2020年のF1技術規制の最新バージョンでは、マシンの“単一の燃料流量センサー”を参照し続けている。ただし、チームは追加の技術指令によって2つ目のセンサーを取り付ける必要がある

元の燃料流量センサーと新しい燃料流量センサーには2つの重要な違いがある。新しい『FIA燃料流量計』は異なる方法で燃料流量をサンプリングするため、チームが制限を回避するのが難しくなり、生成されるデータは暗号化されてFIAのみが利用できる。

燃料流量計を供給するセントロニクス(Sentronics)は、これによりどのF1チームでも燃料流量の制限を超えることが「不可能」になると語る。

「新しいデバイスには、アンチエイリアス技術と完全なデータ暗号化が組み込まれている」とセントロニクスは説明する。

「デバイスが測定を行うと、アンチエイリアシング技術がランダム化され、最終的に補助部品を測定周波数に同期させることができなくなる。完全な暗号化により、データの信頼性とFIAのプライバシーが確保される」

「これにより、競争上の優位性が得るためにデータがフィードバックシステムの一部として使用される可能性が排除される」

新しい燃料流量計は、F1プレシーズンテストでマシンに追加され、既存のデバイスと一緒に動作し続けている。FIAは新しいメーターのプールを保持し、各イベントの開始時にセンサーを各マシンに割り当てる。

「FlowSonic燃料流量計のこの新しいバリアントは、現在利用できる最も技術的に進歩したものの1つであるだけでなく、F1での最大燃料流量規制に関するFIAのポリシングを改善する重要な一歩だ」とセントロニクスのマネージングディレクターを務めるネヴィル・ミーチは語る。

「固体燃料流量計で市場をリードし、世界クラスの技術を短期間で開発する能力を実証できることを誇りに思う」

FIAは先月、F1パワーユニットの調査に続いてフェラーリと和解に達したと発表したが、その詳細は秘密にされている。これにフェラーリ以外の7つのチームが反発し、フェラーリが昨年レギュレーションの範囲内で常に運営していたかどうかについてFIAに明確化を要求した。

さらなる声明でFIAは、2020年にフェラーリのF1パワーユニットが“常にFIAレギュレーションの範囲内”で稼働していたかどうかについて“完全に満足していない”ことを認める。

この注意深い文言は、FIAがパワーユニットを違法であるとは思わないが、特定の時間にルール外で動作した可能性があることを示唆している。

フェラーリは「疑惑に断固として反対し、パワーユニットは常に規制を遵守して作動していた」と繰り返したとFIAは指摘するが、もちろん、7つのチームをなだめることはなかった。

それらのチームはすでに新しい燃料流量センサーの詳細を把握しており、燃料流量ルールを回避することを防ぐことを非常に明確に目的としているという事実は、彼らの疑念が非常に強かった理由を示している。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェラーリ / ホンダF1