ヘルムート・マルコ インタビュー:F1オーストラリアGP中止の舞台裏 / レッドブル・ホンダF1
レッドブル・ホンダF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコが、F1オーストラリアGP中止の舞台裏について語った。

レッドブルとアルファタウリは最後までF1オーストリアGPの開催を望んでいた。しかし、マクラーレンのF1チームスタッフに新型コロナウイルスに感染したことに端を発したF1チームの投票の結果はそれを許さなかった。

金曜日の午前10時にガレージでチームにスピーチが行われていましたね。何が発表されたのですか?
グランプリがキャンセルされたことが発表された。今後、チームをできる限り迅速にそして安全に帰宅させるためにあらゆることをしていく。そのようなことが離された。

レッドブルの決定でしたか?
いいや。我々はレースをする準備はできていた。

それはレッドブルだけでしたか?
他チームも準備はできていたが、たぶんエンジンをなかっただろう。

キャンセルに時間がかかったのはなぜですか?
ある人が何回か心を変えたからだ。

どうすべきだったと思いますか?
パドックで新型コロナウイルスの症例があった。誰もがすでにそこにいるので、フリープラクティスを開始し、さらに検査を実施し、最終決定を下すことができたはずだ。

主催者との契約を破らないためにも?
これは間違いなく責任問題になるだろう。私の知る限り、主催者と保健当局からはOKが出ていた。

次は?
バーレーンもキャンセルされた。最初のレースはバクーまで行わないと想定している。

それは正しい方法ですか?
現在、すべてが静止しているような不確実性がある。夏休み前にバクーから非常に激しいシーズンを始まるだろう。

バクーまですべてがストップすることは800人の従業員を抱えるチームにとって何を意味しますか?
夏休みを先にとるだけです。2020年と2021年の開発作業は通常どおり継続される。ゲートは閉じられていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / F1オーストラリアGP