レッドブル・ホンダF1 「メルセデスは絶対的なベンチーマーク」
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、2020年のF1世界選手権で“絶対的なベンチマーク”であるメルセデスに近づくことを目指しいてると語る。

ホンダF1とのパートナーシップ初年度となった2019年、レッドブルは一定の上昇曲線を描き、メルセデスの脅威としてシーズンを終えた。

2020年はF1レギュレーションが安定しているため、レッドブル・ホンダは序盤戦からメルセデスに挑戦できることを期待している。

クリスチャン・ホーナーは、メルセデスはレッドブル・ホンダが目指している“絶対的なベンチマーク”ではあるが、中団チームもメルセデス、フェラーリ、レッドブルのトップ3に近づいていると考えている。

中団チームの初期の兆候について質問されたクリスチャン・ホーナーは「ギャップは縮まっていると思う」とコメント。

「それは継続的なレギュレーションによって起こった。安定性がある場合、設計は収束し、いくつかのチームは他より近くに収束する」

「グリッドがF1にとって健全なコンソーシアムになることは避けられないと思う。我々にとって最も重要なことは、そのギャップをメルセデスと収束させることだ」

2020年のプレシーズンテストは8日間から6日間に短縮されたが、クリスチャン・ホーナーは、レッドブル・ホンダが新しいシーズンに向けて“合理的な形”にあると考えている。

「各ドライバーが最初のGPまでに3日間しかマシンに乗れないことを考慮すれば、多くのことをしたと思う」とクリスチャン・ホーナーはコメント。

「非常に短い時間だった、我々はその時間に詰め込んで生産性を上げることができたので、12か月前と比較してマイレージは大幅に上がった」

「我々とホンダとの関係はより成熟しており、レギュレーションは安定している。冬の間、それらのレギュレーションの継続性があったことで、我々は合理的な形になっていると思う」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / メルセデス