レッドブルF1 「フェラーリのコンストラクターズ選手権2位を剥奪すべき」
FIA(国際自動車連盟)とフェラーリF1チームが、2019年F1エンジンの不正行為疑惑について“内々に和解”に達したとの声明は、ライバルチームを激怒させた。

その結果、フェラーリのカスタマーであるハースとアルファロメオを除く7チームが、内容の開示を求めて声明を発表するという異例の事態に発展した。

メルセデスのF1チーム代表であるトト・ヴォルフががまとめた共同声明では「この声明に署名したチームは、FIAが2月28日に発表したスクーデリア・フェラーリのF1パワーユニットの調査結果を周到するとした関する声明に驚き、そしてショックを受けた」と記されている。

「国際的なスポーツ統治機関には、最高基準の運営、整合性、透明性をもって行動する責任がある。FIAによって数か月に及ぶ調査が行われたものの、それは他のちチームの疑念を強めただけだ。我々はFIAがこの問題を終結させるためにフェラーリと内々に和解合意に達したことに断固として異議を唱える」

「したがって、我々はスポーツがすべての参加者が公正かつ平等に扱われることを確実にするため、この問題に関して完全で適切な情報の開示を求めるために共同声明を発表する。我々はファン、参加者、F1の出資者に代わってこれを行う」

昨年、メルセデスはコンストラクターズ選手権を1位で終えたためフェラーリへの裁定がどうなろうと影響はない。しかし、フェラーリに次ぐ3位で選手権を終えたレッドブルは、それに値する賞金を取り戻すことを望んでいる。

「FIAの行動はまさにスキャンダルだ」とヘルムート・マルコはコメント。

「実際にフェラーリが罰せられた場合、我々がコンストラクターズ選手権2位として授与されたであろう賞金2400万ドルを請求するようレッドブル・レーシングのチーム代表クリスチャンホーナーに指示する必要がある」

「合意について書かれたものは信じられないことだ」

ヘルムート・マルコは、今回、F1チームを説得して問題を提起したのはトト・ヴォルフだと語る。

「今回、我々はメルセデスが開始したキャンペーンに参加した。だが、今後、我々は自分たちの権利を得るために独自の方法を考えていく」

フェラーリもFIAもまだ7チームの声明に対しててコメントしていない。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / フェラーリ