レッドブルF1 「アルファタウリはレーシングポイントのすぐ後ろにいる」
レッドブルF1のモータースポーツアドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、姉妹チームであるアルファタウリ・ホンダはレーシング・ポイントF1チームのすぐ後ろにいると考えている。

レーシング・ポイントF1チームが“ピンク・メルセデス”をデビューさせた後、マシンは3強チームの後ろの“ベスト・オブ・ザ・レスト”の最初のチャレンジャーであることが明らかになった。

だが、ヘルムート・マルコは、そのすぐ後ろに続くのはアルファタウリだと語る。

「我々のセカンドチームであるアルファタウリは良い状態にある」とヘルムート・マルコは Auto Bild に語った。

「スピードではレーシング・ポイントに近い」

「これは、オブシーズンにパートナーであるホンダが良い仕事をしたことを示している。彼らはあらゆる点でパワーユニットを改善した」

「今ではよりパワフルになり、燃費が下がり、さらに信頼性が高まっている」

アルファタウリも昨年のレッドブルRB15がベースとなっており、レーシング・ポイントとのミッドフィールドでの“コピーマシン”同士のバトルは興味深いものになりそうだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1 / アルファタウリ