エイドリアン・ニューウェイ、制限的な2021年F1規則に不満「極めて遺憾」
レッドブルF1の最高技術責任者を務めるエイドリアン・ニューウェイは、2021年のF1レギュレーションが“制限的”なことに不満を抱いており、“極めて遺憾”に思っていると語る。

これまで10台のF1チャンピオンシップ獲得マシンを設計してきたエイドリアン・ニューウェイは、デザインの枠を超えたその思考から“空力の奇才”と称されている。

F1は、2021年に競技の場を拮抗させてより良いレースを演出することを目指し、空力を制限した新しいレギュレーションを2導入するが、エイドリアン・ニューウェイは新しいレギュレーションはイノベーションの範囲が制限されており、好きではないと語る。

「多くの点で規制の変更を楽しみにしている。なぜなら、それは新しいことを理解しようとする機会だからだ」とエイドリアン・ニューウェイは inews.co.uk に語る。

「私が気に入っていなのは、規制がますます厳しくなっている一連のレギュレーションの全体的な傾向だ。2009年に行われた最後の大きな変更について非常に良かったのは、規制が厳しくないことだった」

「しかし、2021年の新しいレギュレーションは非常に制限的で規範的です。極めて遺憾に思っている。

「ちょっとGP1のようになってしまう。F1がそうあるべきだとは思わない」

エイドリアン・ニューウェイは、新しいレギュレーションがショーの改善を成功させるかどうかについて、まだ結論は出ていないが、F1の上層部とFIA(国際自動車連盟)は、自分のようなF1のエンジニアの圧倒的な同意を得ることなく決定を下したと語る。

「人々がどのように考えているかに関係なくプッシュされている。それがF1に良いかどうかは時間だけがわかるだろう」

レッドブルのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーは、すでにエイドリアン・ニューウェイは、2021年マシンであるレッドブル・ホンダ RB17の開発に大部分を移行していると語る。

「RB17は新しいルールによってまったく異なる車になる。エイドリアン(ニューウェイ)は、大部分をRB17に取り組んでいる。もちろん、限られた数のリソースがあるため、パフォーマンスを犠牲にすることなく、注意とリソースをどのように広げるかが重要になる」とクリスチャン・ホーナーは語った。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1