レッドブルF1代表 クリスチャン・ホーナー インタビュー / F1バルセロナテスト
レッドブル・ホンダのF1チーム代表を務めるクリスチャン・ホーナーが、2020年のF1世界選手権への展望についてメディアのインタビューに答えた。

今年、ホンダF1との2年目のパートナーシップを迎えるレッドブル・レーシングは、新車RB16でポジティブなスタートを切っている。“空力の奇才”エイドリアン・ニューウェイの哲学が詰め込まれたRB16は通常よりも早いスケジュールで開発された。

レッドブルRB16のテストデビューについて
我々にとって非常に強力なテスト初日だった。ほぼ170周(168周)を走った。マックスをやや疲れ果たていたが、それが望んでいることだ。RB16に関する最初のフィードバックは非常にポジティブだ。RB15から改善したい点、特定の領域がいくつかあった。うまくいったと思う。

ライバルのメルセデスについて
メルセデスは強いと思う。だが、もちろん、彼らは常にそうだ。彼らは6回のチャンピオンを防衛している。彼らは指標だ。彼らのマシンはコース上で良さそうに見える。

フェラーリについて
水曜日に言うのは難しい。他のみんなが何をしているのかはわからない。ただし、我々はタイムシートはあまり見ていない。

2020年の作業について
来週の2回目のテストで開幕戦仕様の全員のパッケージを見ると思いう。メルボルンのためのアップグレードがある。それからは小さなステップが重要だ。

ルール革命の年である2020年と2021年の作業の分割について
RB16にできる限り力を入れているが、RB17は新しいルールによってまったく異なる車になる。エイドリアン(ニューウェイ)は、大部分がRB17に取り組んでいる。もちろん、限られた数のリソースがあるため、パフォーマンスを犠牲にすることなく、注意とリソースをどのように広げるかが重要になる。

コンコルド協定やF1オーナーであるリバティメディアとの交渉について
会話は進行中だ。今後数週間のうちにいつか合意に達することを願っている。両者にそれをアレンジする意欲があることを期待している。そうなれば、多くの場合はうまくいく。メルボルンまでに合意に達するとは思わないが、シーズン前半には合意に達するだろう。お金についてか? 必ずしもお金のことではないか? まだいくつかの詳細を詰める必要があるが、それほど遠く離れていない。

3基のパワーユニットによるグリッドペナルティの可能性について
目標は3基のパワーユニットで戦うことだ。21レースにとどまると、少し簡単になる。ただし、4期目のエンジンが必要な場合は、できる限り問題が発生しないようにペナルティを受けるおとが重要だ。パフォーマンスが依然として最も重要だ。

中国GPの延期について
それについてどう思うか? チャンピオンシップの展開によって異なる。トップにいるなら、シーズン後半にあまりにも多くのレースを望まない! 真面目に話せば、物流を注意深く見なければならない。今年は密集したカレンダーだ。ブラジル、中国、アブダビへの移動は、スタッフに多くのことを要求する。

このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / レッドブル / ホンダF1